スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

素敵な作家さん

3月もあと一週間ほどになりました。
桜ももうすぐぽいですね。
ですが、
花粉もピークだそうで、花粉症の私は引きこもりぎみです。(*_*)

そんな時はネットでお買いもの、
と探していましたら、
素敵な作家さんをみつけました。

アクセサリー作家のancaさん
http://anca82.blog.fc2.com

私好みのいろんな色を組み合わせたアクセサリー
でも不思議と調和していて合わせやすそうなんですよね。
すごい素敵なセンスを持っている作家さんだなあ、と一目で気に入ってしまいました。

で、前からフープピアスが欲しかったので注文。


多角形のフープに石がついています。
ターコイズとジャスパーという石が使われているそう。
シンプルすぎない大人っぽさが絶妙~


つけて見るとこんな感じです。

早くつけておでかけしたいところですが、
花粉マスク生活が終わるまで
ピアスもできない(T_T)

はやく終わって欲しい、、


カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/




スポンサーサイト

2014.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ

東京藝術大学学祭にいってきました

夜は少し涼しくちょっと秋を感じますねー
秋といえば学園祭の季節、
今日は東京藝術大学の学園祭にいってみました。
前からいきたかったんですが、いつも気づくと終わっている、、
結構早いんですよね。
今回は藝大出身の俳優伊勢谷さんのツイッターで知りました。


芸祭のホームページ
http://www.geidai.ac.jp/event/geisai2013/html/home.html
ただの学祭と侮るなかれ、
日本最高峰の芸術大学はプロを目指すアーティストの集団。
クオリティは軍を抜いています。

なんと3日間のプログラムブックが有料で400円
おしゃれな学園祭公式グッズも販売。

普通に食べ物とかの屋台もありつつ、
てこんな建物立てるのが普通じゃないけど、、

学生のフリマでは古着のほかに手作りアクセサリーや
陶器やオブジェやらも販売され、すごく魅力的な商品がいっぱい。
しかも学生だからか安い、、
将来の作家青田買いですよ。

陶器のピアスを購入。
めっちゃかわいいです。


これはお神輿、各学科ごとに作って
初日には上野公園をねりあるくそう

素材は発泡スチロールで目が光ったりする。
すごい力作。

そして学科の名前がさすが、、
音楽系とアート系が一緒にやるのが楽しそうでいいなー

チームごとにお揃いハッピもつくられててこれまたおしゃれです。


そして校内には作品コーナーも


音楽系のほうはライブ演奏

すごいうまいんです、

屋内演奏は整理券が必要で、配布すると速攻なくなる人気。
常連のファンがいるのでしょう、
学祭にしては年配の大人がおおい。

たくさん入れるやつをたまたまゲット。
学内のすごい立派なコンサートホールでオーケストラをききました。

100名近い奏者のいるフルオーケストラ
さらに合唱団60人位
学生とはいえソリストはコンクールの受賞経験者とかなんで感動するほどうまい。
たっぷり1時間以上。
これはほんと聴けて良かった!

これほどのもんがタダできけるとは、
この数年来れなかったのが口惜しい、、
ご年配が多いわけだ。
来年も絶対いかないと、、


夜もまだまだ楽しそうだったけど
制作もすすんでないので帰宅。

芸祭のは明日もやってるので
ぜひいってみてくださいー。

カタリコオンラインショップはこちら
http://katariko.thebase.in/

2013.09.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ

大原三千院で苔にはまる

今宵は久々にエアコンいらずの涼しい夜です
梅雨が終わってから日本全国猛暑で大変。まあ無理せずゆったりすごしませう、、

先週末、梅雨ギリギリの京都に行ってきました。
今回は京都の街中からバスで一時間程
の所にある、大原という山の中の地域へ
一応観光地として有名ではあるのですが
街中から離れているので、
京都に住んでた時に行ったことがなく
今更ながら初訪問。

ちなみ今回のお宿は左京区聖護院にある
京都の町屋を改装した和楽庵というゲストハウス。
一泊ドミトリー2620円
http://kyotoguesthouse.net/j/home.html
中心街からは離れますが、
近くに京大があるので安くておいしいお店も多く、
町屋なので趣がありよいお宿です。
ちょっと難点なのが
24時間シャワーOKで門限もないので、
同室に夜更かしの人がいて、
夜中にこっちは寝てるににいきなり電気を
つけられたことでしょうか、、。
外国の方も多いのでこの辺は運かな。

泊まった次の日、この宿からバスで40分程で大原へ
平日だったので座れましたが年配のおじちゃんおばちゃんで席は結構埋まっていました。
さて、目指すは有名な大原三千院。
途中には土産物屋が建ち並ぶのですが
今回は平日にいったらは客が少ないからか8割がた休み、
土日だけオープンなんていい商売だ。。

三千院は庭がよいらしく、紫陽花の時期ということで紫陽花祭りと書いていましたが、実際いってみて紫陽花はそれほど多いわけでもなく、
良かったのは地面一面に生えるコケの方。


とりあえず紫陽花

よりも、コケに注目!

緑ミドリしいコケ

ふわふわコケ

シダっぽい

杉っぽい
よくみると、
ほんといろんな種類があります

水も滴るコケ、ほんときれーなんです!

こんな感じで一面にコケです
いやーほんと自然って美しいわーっと
感動していたら

大勢の庭師さん達がせっせと作業
そうか、自然と思ったけどこうやって
沢山の人の努力の賜物なわけですね。

三千院庭は本当に見事で
中には川やら池やらもあり、なかなか広大。



苔と木のコラボもよし
なんかジブリアニメぽい

根っこもかっこいい






三千院を堪能し、別の寺もみてみようとネットで検索。
大原には三千院を筆頭に幾つか有名なお寺があるそう。
でも庭園系がメインが多い中、
仏像メインのお寺が一つ。

こちら勝林院へ
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000120

中には5m級の巨大仏、
しかもこの寺かなり空いててこの時は客私一人、写真自由に撮ってOKとのことで存分にみることができました。

左右の仏も立派

こっちは不動さんかな

横からもみてみたり、、

巨大仏からは紐がのびていて
この紐の先をさわれるようになっている。
こういうの初めて見た。珍しいですね。
あとこの寺にはお経の賛美歌バージョンみたいのがあり
ボタンを押すと不思議なお経のメロディーテープが流れます。

今でも結構へんぴな大原という地に
こんな立派なもんがちょこちょこあるとは不思議。
当時は馬らや牛やらで何日だかかかる
場所だったんじゃないでしょうか。

大原、自然いっぱいで中心地とは違う
京都が楽しめる場所です。



カタリコオンラインショップはこちら
http://katariko.thebase.in/

2013.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ

金沢旅行

こんばんわカタリコです。
ドラマが終わるシーズンになってきて、ちょっとさびしい季節です。
今日は「とんび」が終わりました。
いいドラマだったな~これ。
あとカタリコ的には「最高の離婚」てドラマが好きですね。

先週に引き続き、一人金沢旅行記をかこうとおもいます。

今回のカタリコの旅行行程ですが、
金曜夜に東京新宿から夜行バスで金沢へ土曜早朝着、
金沢から白川郷へバスで行って、金沢へ戻る。
DSCF8964.jpg
金沢駅です。

ここから続きです。
金沢市へ到着し、腹ごしらえの為、近江町市場へ、
DSCF9048.jpg
市場は野菜やら魚やらいろいろ売られているのですが、すし屋も結構あり、海鮮丼を食べました。
やはり海鮮新鮮でおいしいし安いです。これで千円ちょいだったかな。

だいたいの設備は5時ごろにはしまってしまうので、この日はもう見ることができず、
宿へチェックイン。
ちなみに宿は金沢駅から徒歩7分くらいのところにある、
ゲストハウスナマステ
http://www.guesthouse-namaste.com/index.php?FrontPageJP

ドミトリー3人の相部屋で一泊2500円です。
ジェントルな感じのご主人が経営されていて、綺麗な部屋で快適でした。
この日は名古屋の大学生と、大阪に住むアメリカ人と同じ部屋で、ちょっと交流できて楽しかった。
一人旅にはドミトリーがぜひおすすめです。

施設はしまっているものの、夜のライトアップバスというのを見つけたので
参加しにいってみました。
毎週土曜におこなわれている、金沢市内のライトアップスポットをめぐるバスです。
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.gr.jp/feature_lightupbus/
¥300のチケットを買うと乗り降り自由になり、一部の場所ではボランティアによるガイドツアーも
行われています。
DSCF9054.jpg
こんなかんじのおじちゃんやらおばちゃんがボランティアで夜の街を30~40分程案内してくれます。
リタイアしたと思われる60以上らしきおじちゃんおばちゃんたち。
ボランティアでこんなことをやってくれるなんていい人たちだなあ、、とおもいます。
DSCF9058.jpg
金沢は小京都といわれますが、まさしくそんなかんじの風情ある町並みです。
京都と違ってこじんまりで、夜は5時くらいには普通のお店もしまってしまい、
ひっそりとしています。
DSCF9074.jpg
雪国ならではの家のつくりや、歴史なんかを教えてくれてなかなかおもしろかったです。
300円の乗車券だけで参加できるのはほんとおとくです。
DSCF9064.jpg
21世紀美術館にもいってみました。
しまっていたけどライトアップでなんとなく雰囲気が見えます。
DSCF9065.jpg
DSCF9082.jpg
ちなみに次の日行った昼間の様子。
DSCF9079.jpg
DSCF9070.jpg
DSCF9071.jpg
この展示すごくよかった。

21世紀美術館、ここにいきたくて計画した旅だったわけで、
念願かなっていけました。
現代アート中心で、すごくいい展示でした。
展示スペースが広々していて、天井が高くとられているのがとてもよし。
天井の高さてのは、展示をする上でとても重要だとカタリコ的にはおもいます。
けちくさく天井が低いところとかは、本と残念です。圧迫感で作品の魅力も半減。
逆に天井が広いと、空間と作品がちょうどいいかんじで、広がって見えるので魅力も倍増。

この美術館は、建物自体がガラス張りで、開放的な感じもよいです。
無料スペースも結構あり、タレルの作品や、プールの作品も無料で見れるので、
あまり興味なくても一度はいってみてほしいです。

DSCF9085.jpg
日本三大庭園といわれる、兼六園にもいってみました。
まだ花とかさいていなかったので、枯れ木が多くてちょっとざんねん。
この雪対策用のヒモみたいのがきれいでした。
DSCF9078.jpg
お寺にあった人形、これ金沢の伝統工芸品で、おきあがりこぼしのだるまみたいかなんじのものです。
みやげものに人形がうられています。

金沢、全体的に観光地として公共交通機関が充実しており、
街が小さいので結構歩いてもいけてしまう距離なのがめぐりやすかったです。
芸術の町でもあり、ところどころにオブジェがあったり、
作家モノの食器やらを扱うお店がちょろっとあったり、
街は歩いていてたのしげです。

ただ、夜しまるのがほんとはやいので、5時までにはしまってしまう、。
昼間回る時間配分を考えてちゃきちゃきめぐり、
夜はご飯を食べてゆっくり、というペースでしょうか。

再来年?には東京からの新幹線も開通するそうで、
これからもっと首都圏の人にも人気がでそうです。
また暖かい季節に行ってみたいな~と思いました。

katarikosign.jpg
カタリコ雑貨工房オンラインショップはこちらへ
https://katariko.thebase.in/

2013.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ

世界遺産白川郷にいきました

3月になりました。
ここんとこでかけていてブログ更新が遅れました。
しかしながら、先週から花粉が本格的に飛び始め、
かな~りやばげな雰囲気です、、。
花粉症結構重症患者のカタリコはこの週末は苦しむ日々でした。

で、先週なのですが、花粉もまだそれほどでもなく、
出張ついでに金沢方面へ、一人旅をしてきました。
で、金沢ついでに世界遺産の白川郷へ、

東京からだと微妙に行きづらく、私の場合は、東京から夜行バスで金沢へ、
金沢から白川郷行きのバスというルートでむかいました。
金沢から白川郷はバスで1時間ほど、往復3千円ちょいとお手頃価格です。

金沢市内は雪がつもっていなかったのですが、バスで爆睡気づくと雪国!
DSCF8969.jpg
一面の銀世界です。
DSCF8971.jpg
橋はつるつるしてひやっとします。
DSCF8982.jpg
積雪は2mにもなるでしょうか。かなりふぶいていました。
こんだけ雪のわりにはそこまで寒くもなく、こんな雪を見ることもめったにないので、
逆にテンションあがります。
DSCF8972.jpg

DSCF8978.jpg
つらら
DSCF9029.jpg
これぞ白川郷、てかんじの家です。
こういうのがいくつか集落になっており、民宿やらおみやげ物、レストランなんかになっています。
DSCF9045.jpg

DSCF9017.jpg
草の根っこが凍ってる。
DSCF8993.jpg
寒そうなワンコ。
DSCF8986.jpg
自分にもどんどん雪がつもっていきます、、。
長靴とダウンコートと手袋は必須アイテム。
DSCF8989.jpg

DSCF8985.jpg
吹雪の中、展望台へと30分以上歩いていきました。
大変だったけど途中の道の景色はすばらしく、アートをみているような自然の造形美です。
DSCF9009.jpg
そして、ついに頂上へついた、、とおもったら、、。
ふぶいていまいち全貌見えず、。
DSCF9024.jpg
また夏にこようかなあ、。
緑の景色もステキだろうな。
とはいえ、やはり雪の白川郷もすごくステキで、きてよかったです。
DSCF9027.jpg
頂上でたべたヨモギ五平餅
image1.jpg
とちもちぜんざい 美術館横のお店で地元おばちゃん達がちゃきちゃき運営していました。
手作りの食べ物が色々うっていておいしそうだった。
image2.jpg
飛騨牛コロッケ
雪の中で食べるあったかいものもいいかんじです。

集落の中には、焔仁美術館という小さな美術館もあり、
合掌造りの民家を美術館にしてあるので、家の内部もみえるのでおすすめです。
個人的に作風はそんな好きなタイプではないけれど、
白川郷に住んでいる焔仁さんというアーティストの作品があります。
http://www.hidatakayama.ne.jp/j-homura/

金沢ついでにいった白川郷でしたが、さすが世界遺産というだけあって
素晴らしい景色でした。
雪すごかったけど、かえってこの豪雪がより幻想的にしていたのかも。
意外だったのが中国系の観光客がとてもおおかった。
世界遺産とはいえなぜこんなへんぴなところへ?!とおもったら、
多くは台湾人で、金沢方面の空港へ直行便がでているのだとか。
白川郷、なかなかやりおるな~、とおもった旅でした。

カタリコ雑貨工房オンラインショップはこちらへ
https://katariko.thebase.in/



katarikosign.jpg

2013.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。