スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

初仕事

私の仕事は地元手工業者へのデザイン提供、
赴任から一か月ちょい、書きためてたデザインをもって地元業者へ行きました。

午前と午後で1つづつ、それぞれ植物の葉で編んだバッグとかを作っている
女性団体の工場。
工場ていっても小汚い家の中にミシンが少しある程度。
中には鶏が歩いていたりする。

デザインは全部で13、正直どの程度のものが作れるレベルの工場なのかよくわからない。
作ったものを見ても正直これで売れるの?て程度のクオリティだったり。
午前中に行ったほうは人数も少なくその日きたのは3人だけ、簡単なデザインのほうを選んで与える。
そこでサイズをインチになおしってていわれる、
フィリピンの長さの単位はインチらしい、
知らなかった、、。
その場にインチとセンチ両方かいたメジャーがあり、指示書を書き直し。
でもあんまり細かい指示は難しそうだし、、てので適当に1インチとか0.5インチ単位でざっくりと。
とりあえず、じゃあ作るわ、てかんじで、作ってくれることに。

午後、もう一つの工場へ、こっちは人数が多い。20人くらい?
残りのデザインは7つ、グループわけして与える。
もっとデザイン作ったほうがよかったのか、、、?
なんか一人一個ほしいくらいの勢いだ、
なんかどのていどできるのかわからないので、なんとなくできそうな無難なのを
選んでデザインしたつもりだったけど、もっととにかくいろいろやらせてみて、
使えそうなのをピックアップしたほうがよかったのかもしれない、。

工員さんはここはどうすんの?ていろいろ聞いてくれて、かなりやる気はありそう。
山奥の人達なのでやはり英語より現地語で聞かれ、なんとか身振り手振りで答えてみたものの、
勉強しなきゃなあ、、、。
今後毎週火曜とのことで、3月のトレードフェアにむけて製品化をすすめていくらしい。
どんなのができてくるのか、。

そしてデザインを提供することはできるんだけど、正直この資源のない離島で
どこでも作れるようなものを作ったところで物流コスト的に絶対負けるので、
作る意味があるのか?というもやもや感がある。
それを考えるなら島内で消費するしかないんだけど、
この離島にくるような観光客はそもそもバックパッカーてきな身軽な西洋人が多く、
大きなお土産を爆買いするような人ではない、
なので売れるとしたら小さなアクセサリーとかその場で消費できる食べ物とか?
かさばるような籠製品なんていらないとおもうのだ。

とはいえ今はその場にあるものを使って少しでも彼らの収入を上げることが先決、、
今できることと長期的な流れと、両方考えていかないといけないな、とおもう今日この頃。。


スポンサーサイト

2016.01.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 製作活動

パッケージデザインセミナー

私は今、フィリピンの貿易産業省というところで仕事をしています。
現地の工場を指導して収益を上げるお手伝いをするという場所。
そのため定期的にセミナーをしているそうです。

昨日おとといと、近くの町からパッケージデザイナがやってきて、
セミナーをするというので同行しました。

デザイン会社を経営しているというマイケルさん、おばあさんが日本人だそうです。
フィリピンには戦前日本人が結構移住していて、戦後は帰れなかったりでいまだに
残留日本人問題なんてのもあるらしいのですが、マイケルさんはそのお孫さんだそうで。
ちょっと親近感もってくれたみたいです。
IMG_3441.jpg

現地の工場、というほどでもない作業場レベル、をまわって、現状のデザインから
新しいデザインに変更。
一日に二軒、2、3時間でパッケージを作るという結構なハードワーク。
でもさすがプロでさくさくっとしあげていくマイケルさん。

IMG_3421.jpg
左がビフォー、右がアフター
右のほうが食欲をそそるぱっけーじになっています。
ちゃんとそのへんの色の説明なんかもしている、フィリピン人てやたらとプレゼンがうまい人が多いです。
パワーポイント使いも業者に頼んだんじゃてレベルだし。

IMG_3435.jpg
こらも左ビフォー右アフター、
高級感がでました。

IMG_3451.jpg
これは牛乳、フィリピンは牛乳がほとんどとれない、
暑さで牛が病気になって牛乳がとれないらしい、
なので牛乳やチーズといった乳製品はとっても高級品。
これは左がアフターで右がビフォー、シンプルな色使いですっきりしました。

IMG_3442.jpg
ぼけてるけど右がビフォーで左がアフター
これは商品のサイズにも問題があって、小さすぎてパッケージコストがもったいない、
そのへんも変更してもらいました。

IMG_3443.jpg
シリーズものなのでサイズも全部そろえてパッケージングしてね、
とそのへんは日本人的に指導してみたけど、おばちゃんたちいつまで守ってくれるかな、、。

IMG_3445.jpg
ちなみにおばちゃんたち、パッケージができたのがうれしくって
最後に歌って踊ってくれました。

IMG_3439.jpg
ちなみに、フィリピンではセミナーでは食べ物がつきものらしい、
これはランチではなくておやつのスパゲッティ、麺類は基本この国ではおやつカウント。

IMG_3422.jpg
そのたランチもこんな感じで、おかげでご飯代がうきました。

二日間で4つの工場をまわり、マイケルさんは箱詰めマックを船にのせて島から帰っていきました。
お疲れさまでした。


2015.12.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 製作活動

日焼け止めクリームでプリントワークショップ


昨日は東京の隅田川花火大会でした。
私も行っていたのですが、
ゲリラ豪雨で途中で中止に( ゚д゚)
写真は雨直前のスカイツリー
先っぽが怪しい雲に覆われています
いやーほんと日本も熱帯雨林気候になってきてますよねえ

ところで、、花火の前にワークショップを体験してきました。
荒川111ギャラリーで展示中の作家さんのワークショップ
http://1-1-1.acc-arakawa.jp/index.html
うしおさんという最近知り合った作家さんに
日焼け止めクリームを使ったアイロンプリントを教えてもらいました。


まず、写真なんかのカラーコピー紙を用意。
家庭用のインクジェットじゃなく
コンビニとかのトナー印刷のものです。


普通の日焼け止めクリームを用意


紙の印刷面にハケで塗ります
均等に薄く塗るのがポイント



プリントしたい布の上に印刷面をしたにしておきます
布はワイシャツみたいな目が詰まった生地のほうが綺麗にでるそう


高温のアイロン(スチームはなし)
で5~10秒位
上から力をいれて押し付けます


はがすとこんなかんじー
左がプリントした布、右は元の紙
少し薄くかすれた感じになります
反転されるので、文字をいれる時は
最初から逆の文字をいれておかないとです


レトロな感じですね
色の出方は使うクリームの種類によってちがうそうです


別のデザインも挑戦
これむかーしいったロンドンの写真


こんな感じになりました


ビビットな色の方がでやすいそうです
はっきりくっきり激しい色のが向いてるというわけ


最後はパネルにして完成
色の出方とかアイロンの当て具合に
ちょっとコツがいりそうだけど
すごく簡単に手軽なプリントができて楽しい。
オリジナルTシャツとかハンカチとか
つくってみたいですねー

おまけでマニキュアの除光液を使ったプリントも教えてもらう
こっちは硬い木の板とか革なんか用

市販の除光液


いたの上にコピー紙をおいて
上から除光液をつけたスポンジでポンポンと


剥がすと木に写っています
アイロンより簡単

革にできるってのが魅力的、、
カタリコにもなんかつかえそうー♪(´ε` )

ワークショップ、久々やってみたけどたのしーな

皆様もやって見てください~

カタリコオンラインショップはこちら
http://katariko.thebase.in/

2013.07.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 製作活動

BASEさんに取材してもらいました

今日は浅草のカバン教室へ行きました。
東京の浅草では三社祭が行われていて
教室のすぐそばにもお神輿がきてちょっと見学。

地元のお祭りってやはり当事者が楽しいのでしょうねえ
いいなあ下町、よそ者のカタリコには羨ましい光景です。

ところで、カタリコが使用しているBASEというオンラインショップサイトの
ショップ紹介で、カタリコ雑貨工房の紹介をしていただきました。

こちらが記事です
http://s.thebase.in/post/50180566081

取材て初めてだったのでどんなもんか
ドキドキだったのですが、
聞かれるままにあわあわ答えていたら、
さすがプロ、なんかいい感じにしあげていただいて、なんか素敵げなショップてきがしてきます、、(*_*)

インタビューに答えていて自ら気づくことも色々、、
そういやそう思ってたんだなーなんて
いい振り返りにもなりました。

BASEさん掲載ありがとうございました。
もっといいお店にできるように頑張ります。

カタリコオンラインショップはこちら
https://katariko.thebase.in/



2013.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 製作活動

消しゴムハンコ

こんばんわカタリコです、
平日は会社員のカタリコです。

ゴハンのあと、ふと消しゴムハンコをつくってみました。

とりあえず簡単にカタカナでカタリコ
味があるかんじもまたよしとしよう


包装用の紙袋にカラフルインクでペタペタと

オリジナルカタリコ袋のできあがり
U・x・U
次のお店だすときに使います。

実は次は鬼子母神とは違う所にだす予定。
またちかくなったらブログでお知らせしますね
☆彡

カタリコ

2012.10.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 製作活動

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。