スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フィリピンの年末

2016年になりました。
あけましておめでとうございます。

こっちちはいつまでも夏なので、全然正月感がありません。
フィリピンの年末は、クリスマス前には職場や地域や友人やでクリスマスパーティーが
各種開催、私も職場、近所の地域のやつ、当日は知人主催のパーティーと
3回参加できました。
内容はご飯を食べてプレゼント交換、カラオケやってダンス発表して、というかんじ。
フィリピン人はカラオケが好きな人がおおく、貧乏な家でもカラオケセットはもってたりで
でかい音で夜どうし歌ってこのシーズンは常に誰かが近所でパーチーパーチーなので
とてもうるさい。

日本で生まれたカラオケがこんな僻地にまで広まっているとは、、。
カラオケって偉大な発明だったんだなあって思います。

そして昨日は大晦日、昼間買い物に行くと人がいっぱい。
後で聞くと、日本みたいに新年は新しいものとかそういう概念があるらしく、
たまたま自転車がパンクしたので修理したんですが、
地元の人に言うと、壊れたものを新年に持ち越すのはよくないから
年末までになおすのはフィリピンスタイルなんだ、とのこと。

人によってはパーティーしたり、なんとなく年明けの瞬間に向けてまわりは騒がしく、
花火(ていっても個人の小さいうちあげレベル)爆竹ならしたり、
バイクの後ろに空き缶くっつけてガラガラ鳴らしながら走ったり、
となんか地味にうるさいな~てな夜中でした。

そしてネット、日本もたぶんつながりにくくなるんだろうけど、
いつも連絡で使っているラインが当日昼間から全くつながらない、、。
年明けた今日もつながらない、、。
昨夜はツイッターもつながらず、
年末一人の寂しさを紛らわせるツールが使えないという状況。
通信環境が悪いフィリピンですが年末は更に悪かったようです。

とにかく2016年、2年予定のフィリピンライフも3か月が終了し、思えば8分の1が終わってしまった
と思うとすごく短いようなきがしてきます。
英語も現地語も正直そんなに上達していない(特に現地語、、)
住んだらなんとかなるってもんではないな、というのを実感しています。
そしてそんなに話せなくても海外でくらせるもんなんだな、、というのもまた事実。

とりあえず今年の目標はやはり健康第一かな。


スポンサーサイト

2016.01.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

ゴミ拾いボランティア

本業のボランティアとは違うけど、ゴミ拾いボランティアにいってきました。
私の島にはリタイア後南国でのんびり暮らす、という日本人シニアのかたがちらほら。
その一人在住10年のIさんが主催しています。
ゴミ拾いが目的というより、この国の人はゴミをポイ捨てするのが当然というような習慣があり、
そういうのは良くないようというようなことを体験させたいというわけで、
子供たちを中心に近所のゴミを拾うというイベント。

IMG_3580.jpg

30人ほどの子供及びその親と一緒にゴミ拾い。
道にはほんとゴミがいっぱいおちています。
主に食品の袋とか飲み物系が多い、食べたり飲んだりして、おわったら
そのままポイという習慣なのです。

IMG_3598.jpg
フィリピンの子供らはとにかく陽気で人懐っこく、
外国人が来たのを見ると珍し気によってきて話しかけるとすごくうれしそう。
ちなみにこの子はエンジェルちゃん6歳、ちょっとキラキラネームくさいですがかわいい子なので
名前負けはしていないかな、。
6歳でもすでに英語もしゃべれるバイリンガルです。恐るべしフィリピン教育。

子供にとってはゴミ拾いも宝探しみたいなもので、
われ先にと見つけては袋に入れていっぱいいになったのを喜んでいる。
ゴミ拾いが楽しいってなると、ゴミ捨ててもいいってならないか心配なほど。

IMG_3586.jpg
数百メートルほどいき、ゴミステーションにあたったところでそこにゴミを捨てて完了。

IMG_3587.jpg
満足げな子供たち。

IMG_3599.jpg
そのあとは代表者の家にいってあらかじめ主催者の日本人が材料を渡して作ってもらっていた
食事をみんなで食べる。

IMG_3592.jpg
バナナケーキと、焼きビーフンと、もち米で作られた甘いお米。
主催のおうちの手作り、おいしかったです。

IMG_3600.jpg
その後子供らにはぬいぐるみを進呈。
ユーフォーキャッチャーのちいさいやつだけどとても喜んでました。

IMG_3597.jpg
大人には古着を。
こっちは結構選り好みがあって、いらなさそうなのもありそうな、、。
ただだからなんでもいいてわけでもないよね。
着るものは難しい、。

個人的にこんなことをボランティアでやっているIさん、すごいなあ~っ。
これで、今後みんながゴミポイ捨てをしないような人に成長してくれたら
いいんですけどね。







2015.12.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

フィリピンの自炊ライフ

フィリピンの物価、安いとおもいきや意外と高いです。
ていうか日本が安い、、、
なんであんな先進国なのに安いのか、そっちのほうがおかしいのでは?
とおもう今日この頃、、デフレですよね。

フィリピン、思ったより高いです、
特に食品、、。
しかも私が住む離島は自給自足ができておらず、輸送費がのせられて
日本より高いものも結構あるくらい高いです。

そんなフィリピンでの私の食事は、結構惣菜をかってきてます。
冷蔵庫が庶民にはなく、スーパーもなく、
肉や魚も常温で市場で売られている状態。
ちょっと買うのは大変です。
なのでできたお惣菜を買うほうが安全。
されにそのほうが安かったりする、、。

IMG_3402.jpg
ある日のランチです。
豆のスープと豚の角煮。
これで120円くらい、安いといえばやすいです。
でも日本では営業できないレベルの屋台みたいなとこの食事です。
節約のためご飯だけ炊いてもってきてます。

IMG_3375.jpg
ご飯はこれで炊いてます。私の持ってる唯一の調理器具。
1200円くらいで購入した中国製。
ちなみにフィリピン人はご飯大好きで、ご飯を大量に食べます。
なので炊飯器も持っている人が多い。

IMG_3379.jpg
なんと炊飯器の上に蒸す用のこんなものもセットになっていて、
ご飯をたきつつ蒸し料理も作れるという何気にすぐれもの。

IMG_3412.jpg
そしてスープもつくれちゃう。
スープは買ってきて、それに野菜をたしてアレンジしています。
日本でも最近多機能炊飯器なんてのがありますが、
こんな原始的な炊飯器で結構いろいろできてしまう、、
日本の高級品はいろいろ多機能すぎて、こういうシンプルで安い中国製に
まけてしまっているきがします。

IMG_3414.jpg
こちらはある日の夕食。
ご飯だけたいてあとは買ってきました。
近所のお総菜屋さんはなぜか一人分といっているのに異様に野菜がもりもり
いれてくれるので、自分で作るより安いです。

IMG_3410.jpg
煮干し、これで60円くらい、
煮干しはたぶん自給できてるはずなんだけど日本のヒャッキンとかをおもうと高く感じます。
フィリピンは熱すぎて牛がお乳をだせないため、乳製品がありません。
マニラなどの都市部にいくと一部あるけど輸入品なので日本の3倍くらいする。
なのでカルシウムはこの小魚でとろうとしてみてます。

ちなみにフィリピン料理、アジア圏においてはあまりおいしくないという評価です。
たしかにすごくおいしいかといわれるとそうでもない、、
でもまずいかというとそこまででもない、、というところ。
でも熱い国で汗をかくせいか、塩分多めの塩辛い味です。
かといって唐辛子系のからさはない。
野菜も高く、そもそも好きではない人がおおいとのことで
野菜料理はすくないですが、離島で肉がはいりにくいせいかそのてん
ほかの地域に比べると野菜料理がうられている地域のようです。

そんな感じで、特に料理に凝ろうというきにはなかなかなりにくいフィリピン。
なんとか工夫しつつ栄養とってみてます。


2015.12.19 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常

天皇誕生日に皇居へいってみた

今日は12月23日、天皇誕生日祝日です。

私は特に皇室ラブとか右とか左とかの思想はないごくフツーのミーハーな国民です。

でも、そういやこの日って一般人が皇居にいける日なんだよな、、
一回くらい皇族の皆様を見てみたい!
ていうミーハーな心で皇居へ行って見ました。

宮内庁のHPによると
http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga02.html
午前中に3回のお出ましがあり、
いけば誰でも参加できるらしい。
経験者ブログなどで下調べし、
1時間前にいけば大丈夫との情報を仕入れ
9:45に東京駅丸の内出口で友人と間と合わせ。
歩いて皇居へ向かいます。


人いっぱいです。ネット情報によると毎年2万人以上らしい。
右的な怖い人とか多いのかなと思ったけど、
きてるのは私と同様に観光気分ぽい人がほとんど。
外国人もすごく多い。
私たちがイギリス行って衛兵交代見たいのと同じような気分なんでしょうね。


入り口前で旗を配るボランティアぽい団体がいて、一本もらいました。
プラスチックの棒に紙の旗がついてます。
結構ちゃちいですがなんか気分は盛り上がって良いですね。


手ぶら以外の人は荷物チェック、
カバンの中を見られます。
カメラ持ち込みはOK。


続いてボディチェック、
女性には婦人警官がつき、
ぱしぱし体を触られますます。


あとは流れに沿って歩く。
結構スムーズで並ぶようなことはありません。


皇宮警察、ロンドンの衛兵みたいに全く動きません。
服がかっこいいです。


続々増えてきます


いつもは入れない宮殿エリア
すごくでっかい建物です


中央のガラス部分でおでましになるらしい
でかい外国人がじゃまだ(-_-)
会場はすごい混雑です。


ついにお出ましです、わーっとみんなで旗を振ります
みんなさっきもらった紙のやつね。
テレビでみてたら紙には見えないですよね。
一部バンザーイなんて声も聞こえますが
ほとんどの人は写真撮ってお祭りモードです。


小さいけど御一家見えました。
左から皇太子ご夫妻、天皇皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻、眞子様

女性陣は鮮やかなドレスが綺麗です

天皇陛下からはお言葉があり、被災地のこと、豪雨の災害の事への心配なんかを語られてました。
最後に、ありがとう、で終わったのがなんか素敵。

リアルに見たのも声を聞いたのも始めてですが、なんかすごいです

テレビで見るのとは違い、やっぱり凡人とは違うオーラがあるというか、
高貴な方々って感じがします。
眞子様なんかもまだ若いのに、すごくプリンセス!て気品と貫禄を感じます。

特に美智子皇后がすごい綺麗でびっくり。
あれぞ歳を重ねた美しさって言うんでしょうねえ、、、
なんぼ若い美女にもかなわないですよ、、。

今まで特に皇室って興味なかったけど、
一回見るとファンになってしまいそうです。

これが3回繰り返されるのですが、
会場にはずっといることも可能。
私は一回目は後ろの方で、
二回目は移動して前で見れました。
お言葉は内容同じだった。


終了したら違う出口から退出
観光ツアーも何組かきていたみたいです


出たところにこんなの発見


財布に一枚だけ入っていたカタリコ名刺を出して見ました。


こんな手作り名前も書いてないもんでいいのか?と思いましたが、
宮内庁の方がうやうやしくお盆に乗せて受け取ってくれました。
カタリコ名刺が御所に!
でもこの後どうなるのか不明。


売店には皇室カレンダーが販売中、1000円でした。結構安い値段。


DVDもある




売店で記念に煎餅を購入。
でかいです。


旗の回収箱があった。
エコです。
でも持ち帰りもOK。

一度外に出て、丸ノ内でランチを食べ、
こうなったら午後の記帳にもいってみよう、てので再び皇居へ

再びカバンとボディチェックがちょいめんどくさい


先ほどの名刺を渡したとこに記帳コーナーができてます


枠のある紙に、国か県名と名前をかく。
外国人も書いていた。
外国人、毎年多いようで各種案内板は全て日本語と英語表記があり
こういう行事もしっかり観光イベントとして機能しているんですねえ。

一般参賀、百聞は一見に如かず。
イメージだいぶ違いました。
一部の熱い人の行事かとおもいきや
かなりカジュアルな観光イベントぽいかんじで楽しかったです。
そして皇室イメージはかなり上がる。

ぜひ気軽にいってみるといいですよ
次はお正月にチャンスありです。





カタリコオンラインショップはこちら
年末年始休みがあるのでご注意ください。
http://katariko.thebase.in/

2013.12.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

アプリと本

こんばんはカタリコデス。
一応週一のブログ更新を心がけています。

が、

今日はネタがありません。(ー ー;)
何もしてないわけではないですが、
特筆するほどでもない。
毎日更新ならばなんとない日常でもいいけど
週一ともったいぶるからにはそれなりのもんを、、と思うのは自分の自意識過剰にすぎないんでしょうけどね。

そこで、12月ということですし
私の今年読んだ本について書いてみます。

ちなみに読んだ本はアプリで記録しています。

このアプリです
読書メーター

http://book.akahoshitakuya.com/iphone

読んだページ数でグラフとかでき、
登録した本の他の人の読書感想も見れて楽しいです。

記録によると、今年2月から始めて今までに44冊読みました。

どれが一番、と言われてもきめかねるとこありますが、最近読み出したのは

有川浩さん

最近、図書館戦争とか県庁おもてなし課とか阪急電車とか、
映画化ドラマ化アニメ化盛りだくさんの売れっ子作家で
言われてみればあああの人か、とかなり有名なんですが、友人に勧められて読み始めるとこれがかなり読みやすく面白い。

今読み漁り中ではありますが、

中でも「三匹のおっさん」て本はおすすめ。

http://www.amazon.co.jp/三匹のおっさん-文春文庫-有川-浩/dp/4167831015

主人公は60台のおっさんとその仲間のおっさん3人。
おっさん主役なんて、とおもいきや元気なおっさんたちの痛快な世直し事件簿といった感じです。
年明けからドラマ化もされるそうで、
図書館で借りるなら今のうちかも?

お次は話題若手の直木賞作家朝井リョウさんの
「学生時代にやらなくてもいい20のこと」朝井リョウ

http://www.amazon.co.jp/学生時代にやらなくてもいい20のこと-朝井-リョウ/dp/4163752501

本人の学生時代の生活をエッセイにしたもの。
小説のイメージとは全然違う作者の今時の若者の若さゆえのおバカなエピソード満載で
なんかこの人友達になりたいタイプだ。なんて思った本です。

3冊目
「泡沫日記」酒井順子

http://www.amazon.co.jp/泡沫日記-酒井-順子/dp/4087715116

負け犬の遠吠えで有名な作家さん。
負け犬カタリコは人生の指南書として酒井さんの本をよみあさっているわけなんですが、そんな作者が40台になってからの人生初体験をエッセイにしたもの。

初めての弔辞とか、ガードルとか、意外と40台になっても初めてって色々あるんだな~と。
自分もこれからあとおって行きますぜ!
てな感じで読みました。

4冊目

高校生からわかるイスラム世界 」池上彰

http://www.amazon.co.jp/池上彰の講義の時間-高校生からわかるイスラム世界-池上-彰/dp/4834251691

最近私は世界を知るには宗教を理解しとかないとな、て思って宗教に興味があるんですが。
池上彰さんもそれを言っていて、
世界では宗教信仰があるのがスタンダードで、神を信じないなんてテロリスト
てことになってしまう国もある位。
てなわけであまり身近ではないイスラム教についてわかりやす~くおしえてくれる本。
基礎知識として読んで損はないです。

5冊目
「未来の働き方を考えよう-人生は二回、生きられる」
ちきりん


http://www.amazon.co.jp/未来の働き方を考えよう-人生は二回、生きられる-ちきりん/dp/4163764100

人気社会派ブロガーのちきりんさんの本。
ブログもすごく興味深くていつも読んでるんですが。
人生今時90年、少子高齢化で70歳定年時代、戦後の高度成長期と同じ働き方なんてできない。
そんなに長く働くんだからもっといろんな働き方、例えば40歳からは違う生き方考えよう、てな事を前向きに書いた本です。
私は氷河期世代なんで常に先行き不安ですが、この本読むとちょっと明るく開けます。
若い人ほど読むのお勧めです。

他にも面白いのいろいろあるけどとりあえずこの辺で。

そろそろ冬休みに読む本も探さないとな~

カタリコオンラインショップはこちら
http://katariko.thebase.in/

2013.12.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。