スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

シチズン展示

東京表参道のスパイラルギャラリーに、
展示をみに行きました。



時計のメーカー、シチズンが、イタリアのデザイン展、ミラノサローネで展示して受賞したものが展示されてます。


ちなみにこれがミラノサローネのトロフィーらしい、かわいいけどでかい、もし個人でもらったら家におくのは大変そうだ。


メインの展示
キラキラでとっても綺麗


このキラキラ、時計の中身の機会部分です


中心には設計図が、この部品が大量につられています




口コミでかなり人気になり人もいっぱい。実は好評で期間延長したんだとか


他にも時に関する展示とか
シチズンの新作腕時計とかありました。


原始の時計は砂時計


企業キャッチコピーなんかかっこいいな

携帯電話があるから最近すっかり時計とかしなくなったけど、
時を刻むってなんか素敵なアイテムですね。

展示は28日まで
無料でみれます、
スパイラルのページはこちら

http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1256.html


カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/











スポンサーサイト

2014.11.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

京都国立博物館

最近製作状況かいてないですが、
注文は随時作ってます。^_^
ご注文はサイトよりどうぞ。

一日だけ、仕事ついでに京都へ
なにをみに行こうかな~まだ紅葉にはやいし。
最近国立博物館が新しくなったとときき、みにいくことに。
京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/

京都駅から頑張れば歩ける距離、逆に電車がなくバスは混むので歩くのがおすすめ。
京都国立博物館には二つの建物があり、今回新しくなったのは常設展の建物。


旧館のほうでは大人気の鳥獣戯画展が。
とはいへ新館の方も今回は記念のお宝ザクザク展示


鳥獣戯画展の方はこんな状況、、並び過ぎ。速攻断念。
新館は並ばずすぐに入れました。
それにしても、建物新しくするならこの並び過ぎ状態もなんとか解消すべきでは?
整理券配るとか時間指定チケットうるとか、、このへんの融通の気かなさが国立てかんじです。


こちら旧館、レンガのレトロな綺麗な建物。並んでますね。




こちらが新しくできた建物。
かっこいいかんじです。


前には池が


その中には謎の輪っか


床にも


これ、昔ここにあったお寺の柱の場所をしめしているそうです。


中側、吹き抜けの大きな窓

中は三階だてで国宝や重要文化財の陶器やら仏像やら刀やら着物やらたくさんならんでいて見応え十分。
でも常設展だから500円位で見れるのでお得。
これ他の美術館に貸し出されたら1500円とかで京都のお宝展てかんじで企画展できるレベルです。

中は撮影禁止ですが、このパンフどおりのずらり国宝と重要文化財





それにしても、建物自体は新しいんですが、イマイチ新しいシステム的なものが見当たらない。
外国人対応もイマイチで外国人の数はかなり少ないかんじだし、子供向けの説明もなく、至って真面目に硬いかんじ。物自体はすごいからみるだけですごいんだけど、もっと面白く見せる方法があるんではないかと。

せっかく作るなら、スマホ対応とか最新技術も取り入れて欲しかったな~

綺麗だし料理がいいけどサービスがいまいちなレストランというかんじでした。

ちなみにこの博物館の向かい側には三十三間堂があり、千一体の仏像がの並びが圧巻なので是非みてみてください。

そして夜はゲストハウスへ宿泊
カオサン京都シアター 予約サイトによりますがわたしは今回2300円
http://www.khaosan-tokyo.com/ja/theater/


ベッドはこんなかんじ、普通ゲストハウスはカーテン仕切りの2段ベッドですが。ここは三方を壁で仕切ってありカプセルホテル的なかんじでプライバシー確保。
ドラえもん気分で泊まれる、ゲストハウス初心者でも泊まりやすいかも。
大型なので交流はあまりないけど、そういうのが苦手な泊まりたいだけの人には気楽。


夜は近所の錦市場にある銭湯へ
レトロで

朝は地元の美味しいパン屋へいくのがゲストハウス旅の楽しみ。

ドイツパン ワルダー
〒604-8065 京都府京都市中京区麩屋町通六角下る坂井町452-102
http://goo.gl/maps/u4cxw


四角いクリームパン、
このパン屋すごく美味しかった!

安くいく京都旅も楽しいですよ。
紅葉シーズンもいけるといいなあ。

カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/







2014.10.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

藤子不二雄ミュージアム

土曜日、関西の友人が東京に予定があるとのことでくることに、
藤子不二雄ミュージアムに行きたいというので、一緒にいってきました。
http://fujiko-museum.com/pc.php

チケットは日時指定のものを事前にローソンで買わないといけない。
二週間前に購入、土曜の朝いちばんの10時のチケット、この時点ではまだまだ余裕で買えた。
とはいえ、土日で当日買うとかは難しいみたいなので事前に買うのがいいみたい。

場所は神奈川県の川崎市、こんなことでもないといかないような住宅地です。
最寄り駅からはキャラクターのイラスト付きバスがでていて、どらえもんとおばけのキュー太郎Q、
なんかほかにも何種類かあるらしい。
行きはオバQ号。



帰りはドラえもんだった。

10時についてみると、日時指定なのに長蛇の列。結局中に入れたのは20分頃。
先に来た友人の話では9時半からすでに人は並んでいたらしい。

ネット情報によると、カフェが混むとのことだったので最初にカフェに直行。
お昼になると1~2時間待ちになるとか。
メニューが藤子不二雄のキャラクターのものになっていてかわいい。

内容の割に値段は高いけど、、

高いし朝だし、まあ記念に、、と飲み物だけ注文。
カフェラテとハーブティ
ハーブティは、「うそ800」とうドラえもんのアイテム。
試験管に入った青いハーブティと黄色い蜂蜜をカップでまぜると色がかわるという
実験ぽいもの。



面白いけど、ハーブティがものっすごく薄くてほぼお湯にはちみつ入れて飲んでる感じでした。

隣の女子二人はいろんなメニューをみたかったのか二人で4品も注文して机いっぱいにたべていた。
確かにかわいいからいろいろみたくなるよね。しかしすごい量、、。

館内は飲食持ち込み禁止なので、お昼をまたぐとするとここしか食べるところがないのが困りどころかも。
他には一応屋上の売店でどら焼きとかうってますが。お昼にはものたりないかも。

カフェをでてそのまま屋上からみる。
屋上はキャラクターがいくつかいて、撮影スポットになっている。
館内は撮影禁止なのでとるのは外だけ。
写真とるもの結構並ばないとなので大変かも。
まあせっかくなので並んでとりました。


どこでもドア


のびたと恐竜


竹馬?


土管


オバキュー


パーマン、一号と二号、二号の名前がなんだったっけ、、、とず~っと考えて、のちに展示でピースケだったと判明。
子供のころテレビですごく見てたのに、人間て忘れるもんです。

それにしても、パーマンとかオバQとか、今の20代以下の若者や子供はしらなのでは?
知ってるのって、ドラえもんくらいなんではないだろか、
子供の施設というより、大人が懐かしい施設かも、という気がします。

中は藤子不二雄の原画の展示、アトリエの再現とか。
ここに美術館があるのは、このあたりに長年住んでいたかららしい。

藤子不二雄、もともと二人組で、途中で一人ずつになって、この美術館はなくなったF不二雄さんのほうのもの、
もう一人の安孫子さんのほうはまだご存命。
なんと今年生誕80周年だそうで、F不二雄さんのほうは62歳でなくなっている。
二人は小学校の同級生で、高校時代に一緒に作っていた同人誌みたいなのが展示されてたんですが、
漫画雑誌一冊を自分たちで作ったようなもので、広告とか小説とかのページまでそれっぽく作られていて
とても独学の高校生とは思えないうまさ、
これはすごい、天才だ!というかんじ。
まあ漫画家っていまも早い人は高校生からデビューしたりするし、
特殊な才能なんですね、。


途中、きれいなジャイアンのいる泉。
レバーをおすとジャイアンがでてくる。



ひとりずつださないといけないので結構時間かかる。


沈んでいる姿は結構シュール、。

展示室をでたところには漫画を読むコーナーとかがちゃがちゃこーなーとか
短編映画がみれるシアターがあったりとか。


すでにお土産もみてたら3時間が経過、その後の予定もあったので
漫画とか読んでる暇はなかった。

グッズ売り場もドラえもん以外の今となっては懐かしいキャラクターたちがたくさんで
結構かわいくていろいろほしくなる。


でも結局がちゃがちゃのオバキューだけになりましたが、、。
ガチャガチャは200円でなかなかの精巧な出来で満足。

たぶんここ、子供より大人のほうがメインで楽しめると思う。
漫画読むなら丸一日必要かも。

久々に漫画がよみたくなりました、、。



カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/


















2014.10.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

ミッション[宇宙×芸術] -コスモロジーを超えて @東京都現代美術館

最近金曜夜の美術館がお気に入りです。
空いてるし涼しいから。
とはいえ大抵8時までなので場所によっては行きにくいんですが、東京都現代美術館では8月中は夜9時まで、見たかった展示を見に行きました。


7時到着、月が出てる

ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/cosmology.html

宇宙に関連あるアートの展示です。
宇宙の写真、プラネタリウム、宇宙イメージのアート作品、宇宙実験の映像からCMまで。色々あります。








基本撮影禁止なんですが、いくつかとれるものがあり、こんな宇宙飛んでる風の写真を撮ってみました。

映像が結構多く、じっくりみてたら閉館時間に、2時間でも足りなかった、もうちょっと時間が欲しかったところ。

映像作品では、実際の宇宙飛行士が宇宙で行ったアート実験がながされていて、
各大学からのこれやってみて!リクエストに対応して楽器を演奏したり色水をつくったり、無重力のなかだからこそ地球とは違った現象が起こる。
地球ではなんでもないことが宇宙ではすごく不思議な現象になったりする。
そういうの想像してリクエストする大学の先生てやっぱし頭いいんだなーと思ったり。
なかには変な実験もあったりして、
宇宙飛行士てこんなことまでやらされるのか、、頭いいだけじゃダメだめなんだなあ、。

まだまだ遠い宇宙ですが、体験したことのない空間ではいままでみたことないようなアートが生まれていくんだろうなあ。

8月中、金曜夜だけ9時までオープン。
興味深い展示、おすすめです。

カタリコ雑貨工房ショップ、夏休み中につき、20日まで一時休業しております。
カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/









2014.08.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

バレエ・リュス展

金曜日の夜、新国立美術館へ行きました。
金曜は美術館が夜8時まであいている日なのです。
普段より人が少なくて見やすいのでお勧めです。

見てきたのは バレエ・リュス展 というバレエの衣装の展示。
バレエ・リュスという伝説のバレエ団で使われていたものです。
http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/



ロシアで結成され、フランスのパリで公演すると、それまでヨーロッパにはなかったオリエンタルな要素と世界最高の技術をもったロシアバレエダンサー達の踊りで大人気となり、その後の世界のバレエに多大な影響を与えたというバレエ団です。

衣装や舞台芸術には当時の人気デザイナーやアーティストも加わり、ピカソやマティス、ココシャネルのデザインなどもあり、衣装をみてても今想像するバレエの衣装とはかなり違ってモダンでエキゾチックなものがたくさん。
見ていて楽しい。


それぞれどんな演目で使われたかストーリーと共に紹介してあるのですが、
話もその都度考えられたオリジナルが多く、アラビアとか中国とかギリシャ神話とか。
当時としてはかなり不思議な異国話だったことでしょう。

オリジナルのストーリーに衣装に舞台芸術、ダンス。
コリに凝った演出は素晴らしいものの
その分お金も相当かかったようで、
人気はありつつも赤字だらけ、
初代のやり手プロデューサーが亡くなった後、何人かが引き継いだもののうまくいかず、残念ながら消滅してしまったという。

見て見たかったなー

子供向けのパンフレット
デザインが素敵






じっくり見ていたら閉館の放送が、、
1時間半ほどいたようです。
かなり興味深い展示でした。

行く時は時間に余裕をもって
会場は作品保護の為かなり寒いので
上着をもって行くのがお勧めです。

カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/
















2014.07.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。