スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

金沢旅行

こんばんわカタリコです。
ドラマが終わるシーズンになってきて、ちょっとさびしい季節です。
今日は「とんび」が終わりました。
いいドラマだったな~これ。
あとカタリコ的には「最高の離婚」てドラマが好きですね。

先週に引き続き、一人金沢旅行記をかこうとおもいます。

今回のカタリコの旅行行程ですが、
金曜夜に東京新宿から夜行バスで金沢へ土曜早朝着、
金沢から白川郷へバスで行って、金沢へ戻る。
DSCF8964.jpg
金沢駅です。

ここから続きです。
金沢市へ到着し、腹ごしらえの為、近江町市場へ、
DSCF9048.jpg
市場は野菜やら魚やらいろいろ売られているのですが、すし屋も結構あり、海鮮丼を食べました。
やはり海鮮新鮮でおいしいし安いです。これで千円ちょいだったかな。

だいたいの設備は5時ごろにはしまってしまうので、この日はもう見ることができず、
宿へチェックイン。
ちなみに宿は金沢駅から徒歩7分くらいのところにある、
ゲストハウスナマステ
http://www.guesthouse-namaste.com/index.php?FrontPageJP

ドミトリー3人の相部屋で一泊2500円です。
ジェントルな感じのご主人が経営されていて、綺麗な部屋で快適でした。
この日は名古屋の大学生と、大阪に住むアメリカ人と同じ部屋で、ちょっと交流できて楽しかった。
一人旅にはドミトリーがぜひおすすめです。

施設はしまっているものの、夜のライトアップバスというのを見つけたので
参加しにいってみました。
毎週土曜におこなわれている、金沢市内のライトアップスポットをめぐるバスです。
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.gr.jp/feature_lightupbus/
¥300のチケットを買うと乗り降り自由になり、一部の場所ではボランティアによるガイドツアーも
行われています。
DSCF9054.jpg
こんなかんじのおじちゃんやらおばちゃんがボランティアで夜の街を30~40分程案内してくれます。
リタイアしたと思われる60以上らしきおじちゃんおばちゃんたち。
ボランティアでこんなことをやってくれるなんていい人たちだなあ、、とおもいます。
DSCF9058.jpg
金沢は小京都といわれますが、まさしくそんなかんじの風情ある町並みです。
京都と違ってこじんまりで、夜は5時くらいには普通のお店もしまってしまい、
ひっそりとしています。
DSCF9074.jpg
雪国ならではの家のつくりや、歴史なんかを教えてくれてなかなかおもしろかったです。
300円の乗車券だけで参加できるのはほんとおとくです。
DSCF9064.jpg
21世紀美術館にもいってみました。
しまっていたけどライトアップでなんとなく雰囲気が見えます。
DSCF9065.jpg
DSCF9082.jpg
ちなみに次の日行った昼間の様子。
DSCF9079.jpg
DSCF9070.jpg
DSCF9071.jpg
この展示すごくよかった。

21世紀美術館、ここにいきたくて計画した旅だったわけで、
念願かなっていけました。
現代アート中心で、すごくいい展示でした。
展示スペースが広々していて、天井が高くとられているのがとてもよし。
天井の高さてのは、展示をする上でとても重要だとカタリコ的にはおもいます。
けちくさく天井が低いところとかは、本と残念です。圧迫感で作品の魅力も半減。
逆に天井が広いと、空間と作品がちょうどいいかんじで、広がって見えるので魅力も倍増。

この美術館は、建物自体がガラス張りで、開放的な感じもよいです。
無料スペースも結構あり、タレルの作品や、プールの作品も無料で見れるので、
あまり興味なくても一度はいってみてほしいです。

DSCF9085.jpg
日本三大庭園といわれる、兼六園にもいってみました。
まだ花とかさいていなかったので、枯れ木が多くてちょっとざんねん。
この雪対策用のヒモみたいのがきれいでした。
DSCF9078.jpg
お寺にあった人形、これ金沢の伝統工芸品で、おきあがりこぼしのだるまみたいかなんじのものです。
みやげものに人形がうられています。

金沢、全体的に観光地として公共交通機関が充実しており、
街が小さいので結構歩いてもいけてしまう距離なのがめぐりやすかったです。
芸術の町でもあり、ところどころにオブジェがあったり、
作家モノの食器やらを扱うお店がちょろっとあったり、
街は歩いていてたのしげです。

ただ、夜しまるのがほんとはやいので、5時までにはしまってしまう、。
昼間回る時間配分を考えてちゃきちゃきめぐり、
夜はご飯を食べてゆっくり、というペースでしょうか。

再来年?には東京からの新幹線も開通するそうで、
これからもっと首都圏の人にも人気がでそうです。
また暖かい季節に行ってみたいな~と思いました。

katarikosign.jpg
カタリコ雑貨工房オンラインショップはこちらへ
https://katariko.thebase.in/

関連記事

2013.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。