スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

愛知トリエンナーレにいってきました

こんばんわカタリコです
週末愛知でおこなわれている芸術イベント、愛知トリエンナーレに日帰り弾丸でいってきました。

愛知トリエンナーレサイトはこちら
http://aichitriennale.jp/about/index.html

貧乏旅行好きのカタリコですが、日帰りとなると時間ももったいない、
しかしなんとか安くいきたい、と思っていたら、日帰りで安いツアーを発見

JR東海の日帰りワンデイツアーシリーズ
http://www.jrtours.co.jp/campaign/oneday/

今回は東京名古屋往復のぞみでプラットこだまよりも安いお値段、
さらに2500円の現地で使える金券とフリーバスチケットつき
朝東京6時発の新幹線限定なのが大変だけど、帰りの時間は選べる上に
遅れたら後の便の自由席に乗れるのでたっぷり丸一日楽しめます。。
安く日帰り旅行したい方におすすめです。


名古屋といえばナナチャン人形

6時の新幹線で7時半に名古屋に到着、
さっそくクーポン券で朝ご飯を食べ、9時になったところで駅前地下の金券ショップへ、
愛知トリエンナーレのチケット、
通常1800円のところを1200円で購入。
貧乏旅行好きとしてはその辺ぬかりありません。

愛知トリエンナーレは名古屋市内と岡崎地区でやっていて
日帰りなので岡崎は断念。
名古屋市内は結構コンパクトにまとまっているので、歩いてでも結構まわれてしまいます。
















震災関係の作品もあり






奈良美智さん



9時半のオープンから夜7時のクローズまで歩きまくって名古屋市内はほぼ制覇しました。
このへんのアクセスのよさが瀬戸内芸術祭とかとは違って都会のいいところというか。

中でも一番見たくてやっぱりよかったのが、
名和晃平さんの作品。




あわあわ

ぶくぶくと成長し続ける造形です

クリームみたいな雲みたいな波みたいな



めちゃでかいです

とりあえずこれ見れただけで満足な位の良い感じ具合でした。

とまあ色々あるんですが、
名古屋といえばB級グルメ
作品にも良くも悪くも
結構B級感を感じるものがおおかった。

残念なのが前回結構あった夜光る作品が
あまりなかったこと。

ああいうのが都会の芸術祭の特徴なのになあ、、
節電なのかなあ。
残念ー

カタリコオンラインショップはこちら
http://katariko.thebase.in/

関連記事

2013.10.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。