スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

秋の農業ボランティア

急に冷え込んできました。
三連休、収穫の秋、春にいった長野の農家さんへふたたびボランティアへいかせてもらいました。




まだ長野も夏並みに暑く、
日本アルプスの山の雪もとけたまま。

今回はりんごの葉っぱを摘む作業。
実はまだ収穫ではないらしい。
リンゴ種類にもよるのですがこのリンゴたちは11月末に収穫予定。


で、葉っぱを摘むというのは、
リンゴみのまわりについてて実の影になってるやつらをむしります。

こんな感じで影になってるところは部分てきに黄色くなってて、日に当てると綺麗な赤いリンゴになるらしい。

日陰のリンゴちゃんたちにスポットライトをあててあげる、
なんだか駆け出しアイドルを応援するファンのような心境です。

りんごってせいぜい一個数百円なのに、こんなに手間かけて作られているんですねえ。



それにしても赤い丸い実がぼつぼつと木になっている様子はなんだかとってもメルヘンでかわいい、、、(*^^*)


早めにできる、品種のリンゴ、食べていいよといわれ木からもぎって丸かじり。
もぎたてりんごなんて初めてです。
甘い品種らしく凄いおいしかった。

おやつには手作りアップルパイもいただき、今回も新鮮野菜のご馳走三昧で幸せ、、(^人^)

リンゴの他にも色々やってる農家さん、



こちらは蕎麦の花。
鮮やかなピンクのとってもかわいい花です。
普通は白いんだけど、これは赤そばという種類。
そばは夏にタネを蒔いて秋には収穫できるので作りやすい作物なんだそうです。

で、今回はお米の作業もさせてもらいました。

収穫ご、モミの状態のお米。
これをモミをとって玄米の状態にします。

軽トラにモミ米をのせてはこぶ、
一袋なんと60キロ(O_O)
めちゃ重いです。これをトラック3台分はこぶ。
とても女性には持てない、こっちは二人がかりですが、農家の71歳のお父さんは一人で何袋も運んでいく、、
凄いパワフルー!(◎_◎;)


これモミとりの機械、一部木でできてるのが衝撃!
機械に米をいれるとモミがとれてでてくる。

でるときに網にとおして小さい米は落ちるシステム。

小さいのはおかきとかに加工したりするけど農家さんによっては捨てることもあるそうな。
それはリンゴも同じで、間引かれたリンゴが大量に捨てられてるのをみました。
もったいないですねえ。

カラはこっから吹き出す仕組み

モミ、まくらにしたい。
これででたモミガラはリンゴを箱に詰める時クッション材に使うそうで、また集めて袋詰め。
ちゃんとリサイクルされてます。

それにしても米はかなりの重労働。
農家さんらの高齢化はきいてましたがほぼみんな70代、まだまだ元気ですけど10年後はどうなってしまうのか。
心配ですね日本の農業、。
やっぱり採れたてってなんでも凄く美味しいし、これからも日本産の食べ物がのこっていてほしいなあと思います。

私も非力ながらまたボランティアはやっていきたい。
美味しすぎるボランティアですからねえ、、。

興味がある方は応募してみて
長野県中川村のボランティア募集はこちらから
http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/tourism/agri.html

カタリコオンラインショップはこちら
http://katariko.thebase.in/

関連記事

2013.10.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。