スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ベトナム一人旅1

GWもおわりました、私は初めての一人海外旅行に挑戦、
実は、おひとり様ブームが始まって10年近く、一人映画から初めて徐々にレベルアップ、
最終目標一人海外旅行だったんですが、ついに実行してしまいました。
無駄に?レベル上がってます!
行き先は前から行ってみたかったベトナムのハノイです。

国内は一人旅もなれてきたものの海外は初めて、
更に言葉も自信ないのでツアーにしようかと思い探してみたところ、
一人だとアップ料金が4万くらいかかる、、なんじゃそりゃ、すごいもったいない!
不安<お金 な私、
じゃあいいや、とネットのチケット比較サイトで価格を比較、エクスペディアでチケットとホテルをネット予約。

とはいえ、基本びびりなので飛行機は乗り換えなしで、
ホテルは日本人評価の高いベトナムにしてはそこそこ高い一泊5、6千円程するところにしました。
ちなみにハノイのインペリアルホテル、
スタッフが親切で(英語オンリーですが)、場所が中心街なので買い物も名所も歩いて回れるのでオススメです。
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g293924-d1533529-Reviews-Hanoi_Imperial_Hotel-Hanoi.html

情報は口コミのトリップアドバイザーで収集。
やっぱ口コミって大事ですよ。
4泊5日、ホテルと飛行機往復で85000円位、GWのわりに安くついたかな。

さて、個人旅行の場合はホテルまでの送迎がない。
空港からホテルまで、タクシーだとだまされるとか怖いことが地球の歩き方(一人旅の必須アイテム!)に書いてあり
、心配なのでホテルの送迎サービスをメールでホテルに依頼。

もちろん英語です、外国のホテルにメールなんて初めて、
ネットで例文をさがしてコピペして送り、返事は翻訳アプリで英語翻訳。
英語力なくてもなんとかなりました。いやはや、便利ですねネット。

そしていよいよ当日、羽田空港から5~6時間、ハノイの空港へ到着。
名前プレートもったドライバーと合流し1時間程でホテルへ。


部屋、1人でダブルベッドなのででかいです。建物は結構古いけど清潔な感じ。


フルーツとウェルカムドリンクのサービス。
フルーツは毎日用意してくれ、毎日1人でマンゴー丸かじりの日々。
ハノイはベトナムの中では北にありますがなんだかんだで南国です。
でも私がいった5月頭は28度位で真夏よりはマシっぽい。
ホーチミンは南なのでかなり暑いらしい。

ひといきついてまずは両替なんだけど、5/1日はメーデーでベトナムも祝日なんで銀行は休み。ホテルで両替してもらう。
普通ホテルのレートは悪いといわれてますが、ここのはなぜか良かった。
だまされる心配もないし安心。

水上人形劇という名物がみたくて、ホテルからは歩いてチケットを買いに。
人気なので当日だととれないと言われてましたが、3時ごろいって当日8時のチケットが買えた。

その後、地球の歩き方サイトの旅仲間募集というシステムでみつけていた同じく一人旅の女性と合流。
ご飯を食べに。

この旅仲間募集掲示板に募集だしとくと、
現地で一緒にご飯食べる人とかみつけられて便利です。
一人旅といいつつ、まあご飯くらいは誰かと一緒のほうがメニューもいろいろ頼めていいのですよ。
http://bbs.arukikata.co.jp


現地のこぎれいめなレストランで食事。英語メニューもあり
観光客もくるお店というかんじです、
フルーツジュースを頼んだつもりがフルーツの練乳がけ。


変わったものをたべてみよう、てので
カエルフライと春巻き、ハノイでは生春巻きではなく揚げ春巻きが一般的。

かえるのモモ、カエル、鶏肉ぽくて結構食べやすい。

アヒルの肉が載ったメンとウナギがのったメン、どちらも麺が春雨みたいな透明で美味しい。
ベトナム料理は特に辛いわけでもなく、ご飯もあったりで日本人にはたべやすい。

これだけ食べてお値段二人で2000円くらい。
ちなみにベトナムのお金の単位はベトナムドンなのですが、10000ドン=およそ¥50、
物価は日本の2~3分の1くらい。
何を買うにも桁が大きすぎて非常に戸惑います。

ご飯した女性は私と入れ違いでその日に帰国なのでご飯を食べたらお別れ。
水上人形劇へ向かいます。


ホテルから徒歩10分以内くらいで観光地なので夜も明るく人通りも多い。


ホアンキエム湖という公園のある湖の周りにあるのですが、カップルのデートスポットにも
なっていてベンチにいちゃつくカップルだらけ。ベトナムって意外とお堅くないんだな~特に危険は感じません。

まあ何が一番危険かって、道を渡ることですね。

大きな通りでも信号がないことが多く、基本車もバイクも止まらない。


びゅんびゅん走っている中を向こうがよけてくれることを祈りつつ歩いて渡る。
ほんと命がけなんだけど、現地の渡ろうとしている人にくっついてみたり、
堂々と走ってくる車やバイクの方をガン見しながら歩くのがコツかも。

ベトナム人は基本バイクで、一台のバイクに2,3人乗っている。
後でベトナムの人に聞いた話では、大人二人と子供1人の3人乗りは法律的にもOK,
体の不自由な人は大人3人でもOK,それ以上は違反だけど結構みんなのっている。
赤ちゃんとかも無防備に抱いた状態で乗っていたりして、危険極まりない感じなんだけど
電車や車が発達していないこの国では生活するためには仕方ないんだろうな。


水上人形劇は、ベトナム北部に伝わる伝統もので、プールみたいなところで水の上を人形が動く人形劇。




こういう人形です。なんか顔も面白い。
こいつらが水の上でちゃぷちゃぷ動くのです。


言葉はベトナムなのでわからないけど、セリフというより歌っぽくなっていて、
人形の動きが面白いのでわりとわかる。
値段は約500円で一時間ほど。
後日民族博物館で無料のもみたんだけど、やはりこのハノイの町中にある有料の劇場のほうが
クオリティが高かったのでおすすめ。

終わったら9時くらい、まだ町は安全そうではあったけど、次の日も早いし
ビビりとしてはやはり夜は帰らないとね。
ホテルは、無料Wifi完備でスマホやらアイパッドやらで日本のニュースも動画も見れるし
ラインで友人とリアルタイムでやりとりもできる。時差も二時間しかないし。
なんだか一人旅だけど特に寂しさも不安も感じることなく一日目終了。

今日使ったお金


飛行機とホテル ¥85000くらい
空港からホテルへの送迎 25$
晩御飯 ¥1000
人形劇 ¥500

続く

カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/




















関連記事

2014.05.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。