スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ベトナム一人旅2

ベトナム旅行記二日目です。
二日目三日目は、一泊二日世界遺産のハロン湾というところへ。
ホテルを通じてクルージング付のツアーを予約してました。

ハロン湾はハノイから車で3時間半、ちょっと遠いのでツアーでいくほうがいいです。
最初日帰りのツアーにしようとおもい、日本語にするか英語にするか、、
英語のほうがやすいんだよな~でも英語力的にちょっと不安、、
と迷っていたところ、そういえばホテルにツアーデスクがついていた、。
空港までの迎えをお願いメールするときに、ついでにハロン湾にいきたいんだけど、ときいてみる。
すぐにPDFでおすすめツアーコース資料がおくられてきた。
さらに、日帰りは時間もかかって疲れるし、一泊ツアーのほうがおすすめ!って。

確かに英語ツアーだと一泊ツアーでもそんなに高くないんだな、。
心配なとこもあるけれど、たぶんハロン湾に泊まるのはこれが一生に一度だろう、ということで
一泊ツアーを予約。
こちらのツアーでした。
http://www.halongbaytraveltours.com/v-spirit-cruise-halong/
ホテル経由だと、139$、一人部屋追加料金が60$
まあちょっと贅沢ですが、日本語ツアーだと3~4万円していたので、大分安い。
調べたところによると、相場は15000円くらいとのことで、こんなもんだろう。
安すぎるツアーだと船がぼろくて沈没事故もおこっているので安すぎも注意したほうがよさそうです。

当日朝、ツアーのベトナム人英語ガイドのお兄さんがお迎えに。
マイクロバスで10人ちょいくらい、日本人は私だけという状態で3時間半、途中一回土産物屋で休憩あり。
ハロン湾到着。

ちなみに日本で見ていた天気予報では雷雨だったんですが、とても良いお天気。
港から小舟に乗り宿泊する船へ、。


こちらが船。遠目には綺麗ですが
なんか思ったより木造でちゃちいというか、日本人間隔の大型船とは違うかんじです、。
大丈夫なのか?!ちょっと不安。


部屋へチェックイン、狭いけど大きなベッドとシャワーとトイレつき。

エアコンも完備。なかなかきれいです。
ライフジャケットをベッド下から引っ張り出し、さっそくスタンバイ。



ふとみると、なぜかハンマーが置かれている、、。なぜこんなところに、、。

まさかとおもったら、後にガイドの説明で、
「エブリワン~部屋の調子はどうだい?ところで、部屋にハンマーがあったとおもうんだけど、
いざってときはこれで窓を割って逃げてね!」(なんとなく翻訳)
て、、やっぱそういうことか、。

ツアーは食事つき、その場で作っているようだけどなかなかごちそうがでてきます。
後にフランス人ツアーも合流し、30人ほどに。
多いのはフランス人、あとはお金持ちベトナム人とオーストラリア人もなぜか多かった。
ベトナム人以外はほぼ欧米系白人。
さらに一人参加は私ともう一人ドイツ人学生の男の子。
完全アウェイな感じである、。

ランチ、どこにすわろ~っとおろおろしていたら、オーストラリア人おばちゃんが、
「ここあいてるわよ!」
てなかんじで声かけてくれた。
年配の恰幅の良いおばちゃん二人組、どこの国もおばちゃんは最強である。
たどたどしく挨拶。
リタイアして旅行が好きでアジアをよく旅しているらしい。
オーストラリアからするとヨーロッパは遠すぎるからこの辺がいいらしいのだ。
確かに南半球て海外旅行には不利だ。
オーストラリア人が多いのはそういうわけか。


ランチの後はしばし航海、ハロン湾は中国の桂林ににているといわれる自然の岩がにょきにょきとたくさん海に点在しているところ。



世界遺産だけあって風景は素晴らしく雄大でみているだけで楽しめる。
なんか、海賊気分!

しばらくいって、鍾乳洞へ到着。
数年前に発見された天然の鍾乳洞らしい。




たまたまもう一人の一人参加、ドイツ人大学生ドミニク君と一緒になったので
話しかけてみた。大学生なんだけど、日本人的には30歳くらいに見えるんですが、、。
大分年下なんだけど、なんとなく見かけ的には同世代間ぽいので勝手に親近感。
「英語しゃべれる?」
「うんでも得意じゃないんだ」
そうだよねえ~、、、て、彼と私の英語苦手レベルには雲泥の差があるんですが、。
一人もんどうし、鍾乳洞を一緒にみてまわってみた。
ドイツ人て初めてしゃべったけど、ほんとまじめでシャイなのだな、。
基本寡黙な青年ドミニク、。
ドイツ人ポイ怖顔なんだけど笑うと可愛い(*^^*)
一人参加でよかったなと思った瞬間。


鍾乳洞の後は、カヤック体験。
乗り場につれていかれ、二人乗りのやつにいきなり乗れといわれる。
え、講習なし?!
さらにインストラクターらしき人もいないんですけど、、。
ここ一応海ですよ?!
しかしみんなふつーにのっているんだな、、。
まあ私も3回目なんで乗れますけどね、
オーストラリア人おばちゃんと一緒に乗った。
乗ったことあるの?てきいてみたら昔あるわ、て。
欧米人的にはカヤック常識ですか?

小さい入り江みたいなところをちょろっとカヤック。
十和田湖、西表島に引き続きのカヤック、楽しいな~。

カヤックがおわって夜ご飯を食べ、あとは寝るまで自由時間。





微妙に曇っていて夕日は微妙に見えなかったけど、日が暮れていくのはすごく綺麗。
ほんと泊りにしてよかったなあ~

夜は枕元にハンマーとライフジャケットを置いてびびりながら就寝。
無事に夜は明け次の日は朝食後はビーチ付きの島へ上陸。




ビーチ、正直水はきれいではないし泳ぐほど暑くもないので
だらだらとして終了。
海、汚れているのかなあ。
ハロン湾は遠目に見るのがきれいです。

船戻ってランチして、港に戻って終了。
あ、最後に春巻き料理教室ってのもありました、。

といっても春巻きの皮に具をのせて巻くだけだけど。

一泊二日、盛りだくさんのスケジュール。
結構忙しかったかも。
二泊三日の人もいたけど、そのくらいゆったりしてもよさそうだった。

ハロン湾、今回の旅で一番よかった。
ハノイ方面にいくなら絶対行くのがお勧めです。

続く

カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/












関連記事

2014.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。