スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ブルガリア旅行記5 ルセ

ブルガリア旅行記最終期です
ヴェリコタルノヴォからバスで国境の町ルセへ
ルセから陸路で隣の国ルーマニアへいき、そこから飛行機でウィーンに戻って日本へという帰路です。

朝、ホテルで朝食


揚げパンみたいなやつ
ホテルの女将さん手作りです
チーズやジャムを塗って食べる
揚げたてでおいしい。

ホテルにタクシーを呼んでもらいバスターミナルへ
2時間程でルセヘ
ルセでは日本人の個人ガイドを頼んでいます。

お隣ルーマノアの首都ブカレストは治安が悪くて有名。
数年前に日本人女性が空港からタクシーで殺された事件があり、タクシーも危険なのです。
ルセでからルーマニアのホテルまで行くのが不安で、貧乏旅行でしたが最後は安全をとって高いけど個人ガイドをを頼んで最終国境越えでホテルまで送ってもらうようにしました。

バスを降りたら小柄な日本人のおじさんが一人。
ブルガリアで個人でツアーガイド会社をしている北さん、大阪出身でブルガリア在住歴12年位らしい。
北さんの会社HP
ブルガリアの国中をガイドしてくれるみたいです。

http://www.pristatravel.com/jp/aboutus.php

そもそもなんでブルガリアにこんなおじさんが住んでいるのか?
きけば元々ネイルサロンを開きたくてブルガリアにきたものの、営業許可がおりないのでツアーガイドをはじめたんだとか。
他にも日本語教師や剣道教室やらやってるとかで、なんでネイルなのかは聞けずじまいでしたが50すぎ位に見えるけど随分アグレッシブなおっちゃんである。

今は現地の女性と結婚し、息子さんと三人で暮らしているらしい。
人生色々あるもんだ。

今日の予定はルセのちかくにある世界遺産のイヴァノヴォの岩窟教会遺跡を見に。
北さんの車、エアコンも効いて非常に快適。
二人で150ユーロ、安くないけどやっぱガイド付きは楽。
道中は今までのブルガリアの疑問やら、北さんの経験談なんかを聞きまくり楽しく過ごす。

日本語で全部聴けるってなんて快適、、
普段個人旅行ばっかししてるのでガイドさんて新鮮だ。これはこれでいいかもね。


イヴァノヴォ遺跡は山の中にあり周りはこんな風景。


撮影有料なのでこれは世界遺産じゃない他の遺跡。
でも似た感じ、こんな風に山の中の洞窟にこっそりと教会があるのです。
迫害されてた時代に隠れて作られてたので凄く不便な場所にある。
岩場を登るのも大変なんですが、苦労して上がった割にそんなたいしたこともなかった。
これで世界遺産、、世界遺産もいろいろです。


まあこの辺は自然を見てる方が綺麗かな。
国立公園になってるとかで、自然は綺麗です。

遺跡入り口では蜂蜜が売られていて、北さんのおすすめもありかってみた。蜂蜜、日本だと凄く高いので、安いし美味しかった。

その後は北さんのおすすめ調味料を買いにスーパーへ

この調味料、何にかけてもおいしいらしい。
買って見ましたがお肉にあいそうなスパイシーなスパイスミックスといった感じ。


スーパーで最後の現金を使い果たす。


牛乳がかわいい



ついでに小腹が空いたのでブルガリア最後の食事も


ファーストフード的なとこで。ウインナーぐるぐる


最後にちょろっとルセ観光
この街はヨーロッパらしい綺麗な街並みらしい






確かに小さいけど首都よりなんか綺麗な街並み。


小さい教会、綺麗です
なんと北さんが結婚式をしたところらしい。


ちょうど結婚式をしていました。






この教会もキリスト教迫害時代のものなので
半分地下に埋まっていて、一見民家に見せかけて建てられているらしい。

夕方になり北さんの手配した英語できるドライバーの車でブルガリアを出る。

彼は今日二回目のルーマノアらしい
日帰り外国。国境の国の感覚、島国日本にはない。
隣だけど物価がブルガリアのほうがかなり安いので、買い出しに来る業者も多いとか。


国境の入り口


この川を超えるとルーマニア


まさにここからルーマニア


出口でパスポート回収、ハンコが押されて帰ってくる。

ルーマニアはホテルまで送ってもらい、安全に到着。
場所は一番危険と言われる北駅の近く
なんか思ったより安全そう。
外もまだ明るいのでちょっとだけ出歩き
買いたかったジェロビタールクリームをドラッグストアで購入。


シワ取りクリームとして有名。
現地では1000~2000円程度だけど日本の輸入品だと10000円越えなのでかなり安い。

ビビリなのでそれだけ買ってさっさとホテルへ
やはりなんとなくブルガリアののんびりした風景とは違う。
まあ思った程危険はなさそうだけど警戒に越したことはなさそうです。

次の日はホテルから頼んだ車で安全に空港へ。
ウィーン乗り換えで無事日本へ。

ブルガリア横断の旅終了。
始めての東ヨーロッパ、その中でもかなり発展していない国ブルガリア。
なかなかマニアックな国でした、実は黒海周辺が人気だったらしいけどその辺行ってない。
小さい街はかわいかったけど夏は本当あつかったのでいくなら秋か春がいいと思います。

カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/














関連記事

2014.09.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。