スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

藤子不二雄ミュージアム

土曜日、関西の友人が東京に予定があるとのことでくることに、
藤子不二雄ミュージアムに行きたいというので、一緒にいってきました。
http://fujiko-museum.com/pc.php

チケットは日時指定のものを事前にローソンで買わないといけない。
二週間前に購入、土曜の朝いちばんの10時のチケット、この時点ではまだまだ余裕で買えた。
とはいえ、土日で当日買うとかは難しいみたいなので事前に買うのがいいみたい。

場所は神奈川県の川崎市、こんなことでもないといかないような住宅地です。
最寄り駅からはキャラクターのイラスト付きバスがでていて、どらえもんとおばけのキュー太郎Q、
なんかほかにも何種類かあるらしい。
行きはオバQ号。



帰りはドラえもんだった。

10時についてみると、日時指定なのに長蛇の列。結局中に入れたのは20分頃。
先に来た友人の話では9時半からすでに人は並んでいたらしい。

ネット情報によると、カフェが混むとのことだったので最初にカフェに直行。
お昼になると1~2時間待ちになるとか。
メニューが藤子不二雄のキャラクターのものになっていてかわいい。

内容の割に値段は高いけど、、

高いし朝だし、まあ記念に、、と飲み物だけ注文。
カフェラテとハーブティ
ハーブティは、「うそ800」とうドラえもんのアイテム。
試験管に入った青いハーブティと黄色い蜂蜜をカップでまぜると色がかわるという
実験ぽいもの。



面白いけど、ハーブティがものっすごく薄くてほぼお湯にはちみつ入れて飲んでる感じでした。

隣の女子二人はいろんなメニューをみたかったのか二人で4品も注文して机いっぱいにたべていた。
確かにかわいいからいろいろみたくなるよね。しかしすごい量、、。

館内は飲食持ち込み禁止なので、お昼をまたぐとするとここしか食べるところがないのが困りどころかも。
他には一応屋上の売店でどら焼きとかうってますが。お昼にはものたりないかも。

カフェをでてそのまま屋上からみる。
屋上はキャラクターがいくつかいて、撮影スポットになっている。
館内は撮影禁止なのでとるのは外だけ。
写真とるもの結構並ばないとなので大変かも。
まあせっかくなので並んでとりました。


どこでもドア


のびたと恐竜


竹馬?


土管


オバキュー


パーマン、一号と二号、二号の名前がなんだったっけ、、、とず~っと考えて、のちに展示でピースケだったと判明。
子供のころテレビですごく見てたのに、人間て忘れるもんです。

それにしても、パーマンとかオバQとか、今の20代以下の若者や子供はしらなのでは?
知ってるのって、ドラえもんくらいなんではないだろか、
子供の施設というより、大人が懐かしい施設かも、という気がします。

中は藤子不二雄の原画の展示、アトリエの再現とか。
ここに美術館があるのは、このあたりに長年住んでいたかららしい。

藤子不二雄、もともと二人組で、途中で一人ずつになって、この美術館はなくなったF不二雄さんのほうのもの、
もう一人の安孫子さんのほうはまだご存命。
なんと今年生誕80周年だそうで、F不二雄さんのほうは62歳でなくなっている。
二人は小学校の同級生で、高校時代に一緒に作っていた同人誌みたいなのが展示されてたんですが、
漫画雑誌一冊を自分たちで作ったようなもので、広告とか小説とかのページまでそれっぽく作られていて
とても独学の高校生とは思えないうまさ、
これはすごい、天才だ!というかんじ。
まあ漫画家っていまも早い人は高校生からデビューしたりするし、
特殊な才能なんですね、。


途中、きれいなジャイアンのいる泉。
レバーをおすとジャイアンがでてくる。



ひとりずつださないといけないので結構時間かかる。


沈んでいる姿は結構シュール、。

展示室をでたところには漫画を読むコーナーとかがちゃがちゃこーなーとか
短編映画がみれるシアターがあったりとか。


すでにお土産もみてたら3時間が経過、その後の予定もあったので
漫画とか読んでる暇はなかった。

グッズ売り場もドラえもん以外の今となっては懐かしいキャラクターたちがたくさんで
結構かわいくていろいろほしくなる。


でも結局がちゃがちゃのオバキューだけになりましたが、、。
ガチャガチャは200円でなかなかの精巧な出来で満足。

たぶんここ、子供より大人のほうがメインで楽しめると思う。
漫画読むなら丸一日必要かも。

久々に漫画がよみたくなりました、、。



カタリコオンラインショップはこちらへ
http://katariko.thebase.in/


















関連記事

2014.10.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 美術館、アート

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。