スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ゴミ拾いボランティア

本業のボランティアとは違うけど、ゴミ拾いボランティアにいってきました。
私の島にはリタイア後南国でのんびり暮らす、という日本人シニアのかたがちらほら。
その一人在住10年のIさんが主催しています。
ゴミ拾いが目的というより、この国の人はゴミをポイ捨てするのが当然というような習慣があり、
そういうのは良くないようというようなことを体験させたいというわけで、
子供たちを中心に近所のゴミを拾うというイベント。

IMG_3580.jpg

30人ほどの子供及びその親と一緒にゴミ拾い。
道にはほんとゴミがいっぱいおちています。
主に食品の袋とか飲み物系が多い、食べたり飲んだりして、おわったら
そのままポイという習慣なのです。

IMG_3598.jpg
フィリピンの子供らはとにかく陽気で人懐っこく、
外国人が来たのを見ると珍し気によってきて話しかけるとすごくうれしそう。
ちなみにこの子はエンジェルちゃん6歳、ちょっとキラキラネームくさいですがかわいい子なので
名前負けはしていないかな、。
6歳でもすでに英語もしゃべれるバイリンガルです。恐るべしフィリピン教育。

子供にとってはゴミ拾いも宝探しみたいなもので、
われ先にと見つけては袋に入れていっぱいいになったのを喜んでいる。
ゴミ拾いが楽しいってなると、ゴミ捨ててもいいってならないか心配なほど。

IMG_3586.jpg
数百メートルほどいき、ゴミステーションにあたったところでそこにゴミを捨てて完了。

IMG_3587.jpg
満足げな子供たち。

IMG_3599.jpg
そのあとは代表者の家にいってあらかじめ主催者の日本人が材料を渡して作ってもらっていた
食事をみんなで食べる。

IMG_3592.jpg
バナナケーキと、焼きビーフンと、もち米で作られた甘いお米。
主催のおうちの手作り、おいしかったです。

IMG_3600.jpg
その後子供らにはぬいぐるみを進呈。
ユーフォーキャッチャーのちいさいやつだけどとても喜んでました。

IMG_3597.jpg
大人には古着を。
こっちは結構選り好みがあって、いらなさそうなのもありそうな、、。
ただだからなんでもいいてわけでもないよね。
着るものは難しい、。

個人的にこんなことをボランティアでやっているIさん、すごいなあ~っ。
これで、今後みんながゴミポイ捨てをしないような人に成長してくれたら
いいんですけどね。







関連記事

2015.12.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。