スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

瀬戸内国際芸術祭、直島に行ってきました

お盆休み、岡山県の祖母の家から、
安藤忠雄の地中美術館等で有名な、アートの島、直島にいってきました。
直島は、一応香川県なのですが、実は岡山からの方が近い、岡山県の宇野港から船で20分でいけちゃいます。

今年は瀬戸内国際芸術祭2010
というアートイベントを開催していて、
よりいろんな作品が楽しめるってので、アート好きの中ではかなり話題になっています。

岡山県より宇野港へ、バスで約60分。
バスのイスも直島モード?座席やカーテンもカラフルでかわいいです。
直島気分も盛り上がりますね~
実は私は乗り物のデザインに興味があるのでかわいい内装があるとつい撮ってしまう
怪しい人間です、軽く、いや、結構鉄子といわれております、。
今後も電車や乗り物ネタが何気に多く出てくると思いますがご容赦を、、。
isu
バスのシート ポールスミスを彷彿とさせます。
isu2
カーテン うちにほしい~
kanban
直島の交通看板、シルバーゾーンの絵がなんかかわいい、、。
直島はお年寄りの多い町でもあります。
ボランティアスタッフにも元気なお年寄りがたくさん、
そんなおじいちゃんおばあちゃんの味のある解説をきくのもまた一興。
noren1
島には良い感じの古民家がたくさん。
街散策も楽しめます。
よくみると、島のあちこちの玄関には同じ作家さんと思われる「のれん」がかかってます。
デザインとかテーマとか、想像しながら見るのが楽しい。
こちらは民宿。島には小さい民宿もたくさんあります。
今回は日帰りだったので、また泊りでゆっくりきたい~。
noren2
こっちはかっこいいけど実は普通の民家。
でも普通の民家の玄関がお店になってたり、アートで人がきたおかげで
街が発展していってるのを感じます。
昔は産業廃棄物の島としてさびれていた直島らしいのですが、
大きな産業がなくとも、アートという文化的な力で発展が出来るって素敵です。
もし自分の家がこのへんにあったらkatariko雑貨店をやりたい、、。
himoart1
ふと見ると、壁に毛糸で絵がかいてあります。
こういう小さい街に溶け込んでいるアートをみつけるのも楽しみ。
himoartneko
こっちはネコ。この壁の向こうには「直島」の「にゃお島」というネコカフェ民宿があります。
kabocha
お昼はこちらの手打ちうどん屋さんへ、
岡山に近かろうが、香川県ですからね、本場の讃岐うどんが¥400、安い!、うまい!です。
意外とお昼も並ばずスムーズに。

お盆休み中の大混雑を心配していたのですが、
どうやら人は美術館に集中しているらしく、そちらは3時間待ちのようでしたが、
私がまわった家プロジェクトの地区や男木島という離島は並ばずとも見える状態。
はっきりいって、地中美術館等はこの芸術祭以降もいつでも見ることができるので、
この時期にいくならば、離島中心に限定の小さい作品を見た方が良いんじゃないかな~と思います。

iehaisya
こちらは家プロジェクト「歯医者」、古い民家をアートで再生させています。
かなりぼろっちく見えますが、ただのボロ屋ではありません、。
壁に絵かいたり、床に水入れたり、家全体がアートになってます。
この家は旅がテーマだそうで、中には巨大自由の女神がいたり、船底がくっついてたり、
こういう家が何軒かあるのですよ。

ちなみに、こういう大きい作品の場合、監視員のスタッフがいるのですが、
作品について話を聞くのがお勧めです。
スタッフによりかなり当たりハズレはありますが、熱心な人にきくと
ものすご~く熱く語ってくれ、作品に対する理解度が格段にアップします。

zou
このゾウさんは、アートじゃなくて、小学校の遊具?
まあ、何をもってアートとするかは、見た人次第、これもアートといえばアートなんだとおもう。
fish1
このカラフルきれーなお魚ちゃんは、アートです。
ちょっと近寄ってみましょう、。
fish2
このカラフルなプラスチック達、、なんと、大阪の淀川という川でとれた、ゴミでできています。
色もゴミそのものの色を利用してるんですね、
おお~ドラえもんの姿も見えます。
fish3
口の中にはキバが!クワガタの人形の角でできてますね~
うまいこと考えるな~、、
て感心してい場合じゃなく、こんなにゴミが捨てられてるとは悲しい・・。
自然を大切にね!
umisakuhin
他にも、海にうかんでるのとか
DSCF3296.jpg
有名な草間弥生の赤かぼちゃもありますよー、
穴からミミズ気分ででてみたり、、。
登ると怒られちゃうので注意です

他にも、アイラブ湯~ておもしろいデザイナーズ銭湯とか、
小豆島、女木島、男木島、犬島などの島それぞれのアート作品を船で
移動しながら見てまわれます。

海と自然と船とアートと、
夏休みに行くにはもってこい。
一番込んでるお盆でも意外とスムーズに見ることができたので、
これからだったらまだまだ楽しめそうだし、夏の旅行にとってもお勧めです。


関連記事

2010.08.16 | | コメント(3) | トラックバック(0) | おすすめ

コメント

ありがとうございます

linenさん
なおさん
コメントありがとうございます!
ブログになれておらず承認制にしてたら
せっかくのコメントを気づかず
承認せぬまま
時間たってしまっていました。
ごめんなさい。

linenさん、瀬戸内出身とはいいですね。
私も親が岡山なので祖母の家に
年に1,2度いっています。
今瀬戸内はかなり盛り上がってますね~。

なおちゃん
アートイベントは面白いよ。
自然と一体化しているのがいいです。
実は後半カメラの電池が切れて、、。
もっと色々とりたかったんですけどね。
へましちゃいましたv-12

2010/08/20 (金) 11:28:04 | URL | カタリコ #xDRz0USM [ 編集 ]

直島、思っていたよりもスゴイ!
これは行きたかったなあv-15

2010/08/19 (木) 23:03:05 | URL | なお #- [ 編集 ]

katarikoさん!
素敵な夏の旅になりましたね。
私、実は瀬戸内海の出身で♪
行きたくなってしまいました~

魚の作品が一番、インパクトありました。
かぼちゃのミミズさん、すごいかわいかったですよv-254

2010/08/19 (木) 22:02:21 | URL | linen #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。