スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

世田谷美術館 白州正子展

こんばんわカタリコです。
カタリコグッズの製作におわれています、。
かなり遅れ気味、、やばいです、。

そんな中、前から予定していたので
世田谷美術館の白州正子展をみにいってきました。

「白州正子 神と仏、自然への祈り」
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/


世田谷美術館は、砧公園という大きな公園の中にあります。
新緑の大きな木がいっぱいある、いい感じのところです。
DSCF5083.jpg

DSCF5081.jpg
森をぬけると美術館が。
DSCF5080.jpg
建物もこってます。
内井昭蔵という有名建築家がたてたらしい。
DSCF5073.jpg

DSCF5070.jpg
展示物の立体造形
DSCF5077.jpg

白州正子展は写真NGなので画像無しですが、
見せ方はなかなかこっていて良い展示でした。

白州正子、私はよく知らない人だったのですが、
調べると、1910~1998年に生きていた、随筆家とあります。

伯爵令嬢で、能を習い、女性として初めて能舞台にたったとか、
当時で十代でアメリカに留学したりだとか、
今ではありえないかんじのお家柄というか財力というか、
かなり常人とは違った環境で育ち、
それをうまく生かして日本の古い文化、仏像、神像、能面
などに興味をもって、全国を旅して本をたくさん書いたそうです。

今回の展示は、彼女の書いた本にゆかりのある象やら襖絵やら骨董品の数々が
展示されています。

多くは平安時代など、非常に古いものたち、
重要文化財級で、どこかの寺からかりてきたものなど、

よくかしてくれたな、と思う重要物たちです。

白州正子は、本人がかなり骨董コレクターだったらしく、
当時当人所蔵のものもかなり多くあるのですが、

彼女の目利きの凄さと、とんでもなく資産をもっていた人だったのであろう、、。
てのがしのばれる物品の数々でした。

私は正直こういった古いものにあまり興味はもたないのですが、
見ていると、すごいな~っと日本文化に感心することしかりです。

平安時代に、よくぞこんなすごいものをつくり、
そしてそれがナクヨウグイス平安京の時代、794年~
が2011年の現在、存在しているて、良く考えたらすごいことですよね。

白州正子はそういった忘れ去れがちなすごいものたちに
注目し、本を書くことで広めていった、
日本文化の保存にかなり貢献された人なのだろうな、と思いました。

お金もちだったからこそできる、、てのもありますけどね。
誰かお金持ちの人、引き継いでやってくれませんかね~

展示は5/8まで、
ご興味ある人は急いで~

katarikosign.jpg





関連記事

2011.05.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 美術館、アート

コメント

Re: タイトルなし

リネンさん
コメントありがとうございます。
ぶあいそう、そんななまえの館があるのですね。
おもしろそう~
とにかくセンスがすごそうだからすごいいえにすんでそうですよねえ、。

2011/05/05 (木) 01:50:39 | URL | カタリコ #- [ 編集 ]

ご主人の白洲次郎さんもダンディな方ですね。
武相荘(ぶあいそう)、行ったことがあります。
2人の粋な暮らし方が偲ばれて、日本文化のシックさが感じられて、お気に入りの場所の一つになりました。
いつか、あんな家に住めたら素敵♪

2011/05/03 (火) 07:55:22 | URL | linen #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。