スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

上海出張記

先週になりますが、
サラリーマン作家のカタリコ、会社の仕事で中国、上海にいってまいりました。
初海外出張&初中国&初一人海外!の初ずくしです。

ま、一人っていっても、現地いけば合流する人とか、
日本語ばりばりの中国人アテンドつきなんですけど、。
夏休みのじいちゃんちにいく子供みたいな、。

まず成田にいって驚いた、
上海行きの待合ロビーにいるのはサラリーマンだらけ、
おそらく97%男性です、そして内70~80%が40~50代のオッちゃん層という、、。
平日朝の新幹線や大阪東京間の飛行機以上のおっさんリーマン率でした。
DSCF5578.jpg
あ、ちなみにこれは帰りの写真なんですけど、同じ現象です。
こんだけのおっちゃんらが仕事で上海にいってるってこと、
まずそれにびっくり。

で、思ったのが、、顧客こんだけ偏ってんだから、
飛行機会社も対策考えるべきなんでは、
機内食はこってり洋風でコレストロール高、おっちゃんの体には悪いよね。
あっさり定食みたいのにして、機内映画もおっちゃん仕様のふやして、
ついでに機内は加齢臭対策なんかもしたほうがいいとおもいます。
色々考える余地はありそうです。DSCF5265.jpg
席は絶対窓側がすき!雲ってどんだけ見ても飽きませんねえ。
久々にのったら、機械で自分で席を選べるようになっていた。
国内線は前からそうだったけど、国際線もそうなったんですね、
で、意外と通路側のが人気みたいで、窓側のほうが残る。
ビジネスマンは窓の外になんか興味はないのね、
DSCF5264.jpg
ほら~富士山の火口がみえますよ~
隣のオッちゃんには見えないんだ~カタリコが窓にへばりついているからね~
DSCF5577.jpg
上海成田間は約3時間、時差1時間、近いです。
そんな短いのにちゃんと機内食がでるんですね。
こちらは上海浦東空港、なんか関空にちょっとにてる。

ついてすぐ、中国人社長らにつれていかれたのが、空港内のラーメン屋、
カタカナでラーメン、とかいてます、日本のチェーン店でした。(・・;)

そこから車で移動、他にも日本のものを発見
DSCF5338_20110708005159.jpg
全家ファミリーマート、ローソンもたくさんあった。
ファミリーマートは入り口はいったときの、
ちゃららららら~ちゃらららら~という音楽が同じで「おおっ」てなりました。
DSCF5336.jpg
そしてさらに、白木屋&笑笑、うつってないけどそのさらに右も日本料理だった。
上海市内は日本料理が多いです。上海の若者に人気なんだそう。
DSCF5337.jpg
お昼の定食とか、68元、1元は約14円くらいかな、1000円位。
上海市内の物価は、とても高く、(店にもよるけど)ほぼ東京と変わらない。
逆に日本のものはとても高い、
日本ブランドの日本じゃ数千円のTシャツが一万円以上したり、
3足千円の靴下が1足千円だったり、
しかもそれらはメイドインチャイナなので、どういうこと??
担当中国人女性も、「おかしいでしょ!?」とぷりぷり、、
日本の109とかきたら、安くて喜ぶのだろうなあ、。
DSCF5341_20110708005159.jpg
そんな上海及び近郊で、驚いたのが住宅の数、
マンションがどこまでも続く
DSCF5442.jpg
さらに空き地はガンガン建設中、ほんと行く先々でどこもかしこも作っている。
こんなに作って誰がすむんだ?
中国人社長にきいてみたら、投資用に金持ちがかうとか。
新婚の20代営業女の子は、上海にマンションを買うのが目標らしいが、一般人には凄く高いらしい。
でも頑張って買うって思ってるってのがえらいね。
DSCF5568.jpg
これは郊外のアウトレット、日本のどこかのアウトレットと変わりない。
平日なので空いていたけど、土日は駐車場が一杯で入れないとか。
海外ブランドがいっぱい、庶民の私は値段も高いので何も買うきがしなかった。。
DSCF5467.jpg
こちらは上海中心にある新天地とかいうところ、
高級ブランドショップが立ち並ぶ。
DSCF5468.jpg
ゴディバもある
DSCF5471.jpg
スタバもある。
他にも日本の雑貨屋アフタヌーンティーがあったり、
見なかったけどユニクロや無印もあるとか。

一応仕事だったので、あんまりキャーキャー写真をとるわけにも行かず、、
(ほんとはすごくとりたかったけど)
あまりおみせできず残念。

しかしながら、上海、驚きの連続で、
街がものすごくでかく、新しい建物が一杯で、
人々はチャンスをつかもうと、夢を持って働いている。
イケイけドンドン、ガンガンバリバリ、
という感じ。


これが、かつて日本にもあったという、高度成長期!てやつなのか、、


ておもう。

なんか、街全体が元気で、成長していて、
日本ののんびり閉塞感漂う空気とは全然違う。
正直あせりました。このままでは日本は飲み込まれる、
いやいや、もう彼らは日本なんて見てないし、世界みてるし、
そのうち相手してもらえなくなるかも、。

なんちゅーか、やっぱ中国凄いです、。
例えるならば、龍か虎、
日本はうさぎかネズミ、てとこ。
遠い昔、中国の皇帝にへへ~っと金印もらいにいった、倭の時代、
そもそも日本なんてどいなかの遅れた国だったんだよな、、。
世界三大文明。10億人の国。

中国発展してるよ~といわれつつ、ここまでとは思わなかった。
アジアの中心はここなんだ、と強く実感する。
東京きたとき、でけ~すげ~っておもったけど、
もう上海に負けてると思う。

なんでこんなに発展すごいんんだろう、社長にきいてみた。

日本は政党がいろいろあるから議論ばっかりして慎重だけどなかなか進まない、
中国は1党政治だから、こうときめたら反対はいないから、すぐ実行するんだ、
その分間違いも多いけどね。
20年前はなにもなかったんだよ、チャンスがあるんだ。

なるほど、、。日本の政党はお恥ずかしいほどにぐちゃぐちゃですからねえ、、。

ほとんどが1代で築いた社長達である。
30、40代の若い人が多い、貪欲に、
更なるビジネスチャンスをさがして事業を拡大する。

今の工場の数倍の規模の工場を今つくってるんだ~て嬉しそうに語る。、
今もすんごいでかいんですけど、、。
どんだけでかいのか想像もつきませんわ、、。

格差が問題とかいわれるけど、
こういうお金持ちが新しい工場を作れば、
新しい雇用が生まれ、結果お金をもつ人が増え、全体の水準があがるんじゃないか?
日本の金持ちジジババみたいに溜め込まないからね、
DSCF5342.jpg
しかもあんまりえらそうな社長にはあわない。
こういう円卓の食事は、社長もお抱え運転手も、客人も、社員も、
みんな一緒にかこむんである。
一応奥が上座みたいだが、
日本だったら、運転手は待機だろう、。
このへん平等なんだよなあ、、。

あ、円卓てぐるぐるまわって楽しい~自分ですきなものとれるし便利。
合理的である。
飲み会とかのとりわけ女子とかいらねんだよ~自分でほしいもんはとるんだよ~フン!
なんて、、日頃の不満が頭をよぎります、。
なんか、気が利いたふうに勝手に全員に取り分けるのって、非合理的だとおもうんですよ、私は。

中国人は条件がよくないと他の会社にいってしまうんだ。と社長。

欧米風だよね、そして基本中国人は残業あまりしないらしい。
先細りする会社に身をささげてサービス残業する日本てなんだかねえ、、。

上海、面白いね、駐在員募集とかあったら立候補したいくらいです。
日本元気ないけど、こんな元気な国がお隣でよかった、とおもいます。
今後は、もっと仲良くして、コバンザメのようにくっついていきたい、。
なんて、、。

今後いろんな面で、負け続けていくのだろう、・。
生き残る道、勝てる道はなんだろう、、
と考えました。

やっぱ日本にしかないローカル文化、伝統工芸とか
それらを生かした観光とか、
国民性てきに細かく口うるさいところとか、
なんかしら、中国にないところで生き残っていくしかないね。

とかとか、、

普段考えないようなことを色々と感がえさせられる良い機会でした。
インドアな若者どもよ、中国、とりあえず一回みにいってこいー!
といいたい。

まだネタあるので続きはまた後日。
katarikosign.jpg


















関連記事

2011.07.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

katariko Twitter...

Twitter Reload

プロフィール

カタリコ

Author:カタリコ
デザイナーカタリコ /katariko

美術大学でテキスタイルデザインを学ぶ
会社でデザイナーをやりつつ、
オリジナルブランド katariko をはじめ革雑貨、アクセサリーを作成。
2015.6~作家活動を休業




*当ブログ内に掲載されているすべての文章,画像の無断転載、転用を禁止します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。